1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【さわやかな秋に楽しむ】栽培製法にこだわった日本茶3種をきみくら本店茶寮にて10月1日より期間限定で提供開始

PR TIMES / 2021年9月30日 18時45分

大きな窓から臨む日本庭園を眺めながら、上質なお茶の時間を楽しむ

静岡県掛川市にあるきみくら株式会社(本社:静岡県掛川市、代表取締役:丸山勝久)は、「日本茶きみくら本店」の2階茶寮にて、こだわりの日本茶3種と秋限定メニューを2021年10月1日から期間限定で販売いたします。




きみくら 秋のおすすめ茶


1.秘壷蔵と上生菓子 730円

[画像1: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-c3535e77d8efeb9e90fd-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-21e67e7f09bbb106a33c-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-97ff5e95e1cbcaedeb4c-3.jpg ]

きみくらの秋を代表する深蒸し茶「トンネル熟成茶 秘壷蔵(ひこぞう)」。
新茶時期に摘み取った一番茶の茶葉を茶師が仕上がりを見極め火入れし、静岡県浜松市の最北に位置する天竜の相津トンネルにあるワインセラーに搬入し、熟成させた深蒸し茶です。
年間を通じトンネル内の温度が一定に保たれ、ひと夏じっくりと熟成させ、深いコクと甘みが特徴です。
後熟のまろやかな味わいを季節の移ろいを感じさせる上生菓子と一緒にお愉しみください。

※秘壷蔵について
https://kimikura.online/user_data/feature/034

2.炭火の茶と添菓子(そえがし) 980円
[画像4: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-5cc7a9c12d78bd43d76e-14.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-f4b481146a2225a479f1-9.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-74aec897f10010a006d7-8.jpg ]

かつて茶葉を揉んで乾燥させる伝統的な作業台、焙炉(ほいろ)と炭火を使用し仕上げた日本茶「炭火の茶」。
繊細な香りや色、艶を手作業で見極め、茶葉に炭の香りを移しました。
スモーキーな深みのある味わいで、ひと口目はそのままお茶本来の味を、ふた口目は一緒に添えられたドライフルーツやスモークチーズ、キャラメルナッツなどとお愉しみください。

※炭火の茶について
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000072613.html

3.きみくらセレクション-ISSEN-煎茶と最中 780円

[画像7: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-e5edfe2e844f8350db81-4.jpg ]



[画像8: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-fb1ebb81383c8d856d22-11.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-58899ae61d29ee6a86cd-10.jpg ]

日本を代表する茶農家さんのお茶をセレクトした「きみくらセレクション-ISSEN-」。
秋におすすめするお茶は静岡県玉川地区の小杉佳輝氏の浅蒸し煎茶。
茶葉本来のうまみと香りを際立たせつくられた浅蒸し煎茶は、優しい中にしっかりとした芯のある味わいが特徴。
爽やかな山の香りを北海道産小豆を使用した最中と一緒にお愉しみください。

※きみくらセレクション-ISSEN-小杉佳輝
https://kimikura.online/user_data/feature/037

茶寮で提供しているお茶3種は日本茶きみくら本店1階、きみくらオンラインショップ( https://kimikura.online/)でも販売いたします。


秋限定 お茶と甘味のセット きみくらのプレートセット 1,300円


[画像10: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-7a3d13e1917a90963de4-5.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-5783c26e56b2b27c4402-6.jpg ]

きみくらの人気の甘味を少しずつ楽しめる「きみくらのプレートセット」は、秋に向けてアレンジした期間限定メニュー。
・ティラミスのミニパフェ
茶寮で人気のティラミスをミニパフェに。
静岡県抹茶をふんだんに使用した抹茶スポンジとさわやかなマスカルポーネクリームに柚子ジャムを重ねてフルーティーに仕上げました。

・最中アイス(日替わり)
求肥クレープとピスタチオや栗を日替わりで提供。濃厚な風味とさくっとした食感をお愉しみください。

・季節の上生菓子、または掛川産栗きんとん
栗、とんぼなど季節をモチーフにした練り切りや錦玉羹などの上生菓子をスタッフがおひとつ選んでお出ししています。また、プラス150円で地元掛川産栗をふんだんに使用した栗きんとんに変更することができます。

セットのお茶は、ご注文時に、深蒸し掛川茶、抹茶、ほうじ茶の中からご用意しています。



数量限定 和栗と山菜のおこわ御膳 1,350円


[画像12: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-6e26a6e70377c1391249-7.jpg ]

・おこわ
秋の味覚、和栗ときのこ、山菜など国産の素材を使用した栗おこわは、静岡産こしひかりともち米で、食欲をそそる香りともっちりとした味わい。目や舌でも秋らしさを愉しむことができます。

・小鉢
ほうじ茶を楽しめる一品を日替わりで提供します。
例)人参やいんげんを油揚げで巻いたほうじ茶で炊いた新田巻き(しのだまき)など。

・お吸い物
昆布だしと、きみくらの玉露の茶葉を使用した上品なお吸い物。三つ葉ととろろ昆布を添えて、玉露とお出汁の上品な旨味が染み渡ります。

・香の物
国産100%の早摘みオリーブと米ぬかを合わせたぬかを使用。さわやかな味わいをお楽しみいただけます。

・デザート
スイーツのような甘さの完熟紅はるか芋と林檎を使用したパイ。アーモンドクリームが口の中でなめらかに溶けます。食後のデザートに。



きみくら株式会社について


[画像13: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-ca5cee42ede00c84db18-16.jpg ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/72613/17/resize/d72613-17-7f6a885cb7dd5941282a-15.jpg ]

日本茶きみくらは静岡県掛川市にある創業88年の茶商グループ・きみくら株式会社が運営している日本茶専門店。

『素晴らしい茶畑景観を100年後に紡いでいく』ことをvisionとし、茶農家が良質なお茶を生産し続けていくために掛川だけでなく日本茶全体の価値を世界にしている。
日本茶きみくら本店の2階では、大きな窓から日本庭園を眺めながら、静岡産を中心とした深蒸し茶、抹茶と一緒に自家製茶を使用したスイーツをゆったりと愉しむことができます。
庭の緑がより美しく映えるこれからの時期に味わいたい静岡県産煎茶・抹茶を使用した季節限定のスイーツとお茶のセットをご用意しています。

会社名   : きみくら株式会社
代表者   : 代表取締役 丸山勝久
本社    : 静岡県掛川市板沢500-1
設立日   : 1991年9月
従業員数  : 28名
決算期   : 12月
URL   : https://kimikura.co.jp/
事業内容 :日本茶を中心とした商品開発、コンテンツ企画、編集企画、カタログやオンラインショップの通信販売、実店舗を運営。

お茶と食のカタログ Sawa
https://my.ebook5.net/KIMIKURA/Sawa_06/

実店舗
日本茶きみくら本店
https://kimikura.jp/honten/
〒436-0016 静岡県掛川市板沢510-5

きみくらカフェ
https://kimikura.jp/cafe/
〒436-0043静岡県掛川市大池2242-1大池公園内



きみくら本店茶寮メニューについてのお問い合わせ


広報担当:鈴木
電話  :0537-61-2626(平日9:00~17:00)
FAX  :0537-23-5560
メール :press@kimikura.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング