メンバーズ子会社エンゲージメント・ファーストとソリッドインテリジェンス、フィードフォース、ソーシャルメディア時代のアンケート・ソリューション「People Voiceアンケート」を共同リリース

PR TIMES / 2013年6月20日 12時6分

ソーシャルデータの活用で、より詳細な顧客インサイトが把握可能に

株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役:剣持 忠、以下「メンバーズ」)の子会社である株式会社エンゲージメント・ファースト(本社:東京都中央区、代表取締役:原 裕、以下「エンゲージメント・ファースト」)は、ソリッドインテリジェンス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:林 健人、以下ソリッドインテリジェンス)と株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下フィードフォース)と3社共同で、アンケート調査データに加え、ソーシャルデータを分析することで、より詳細な顧客インサイト(※)が把握可能な「People Voiceアンケート」の提供を開始いたします。

■背景
Facebookは日本国内での月間アクティブユーザー数が1,900万人を超え、今やコミュニケーション・インフラとして定着しつつあります。ユーザーはFacebook上で様々なコミュニケーションを図っており、1日のいいね数が30億を超えるなど、膨大な量のソーシャルデータが日々生み出されています。企業のマーケティング活動においても、Facebookを活用することの重要性が高まっており、FacebookがAPIで提供するFacebookコネクトを利用し取得できるソーシャルグラフ、インタレストグラフ(※)をはじめとしたソーシャルデータ(例:ファンである期間、友人の数、競合ページへのいいねの状況など) をマーケティング活動に活用することのニーズも高まってきています。


■「People Voiceアンケート」の概要
「People Voiceアンケート」は、ソーシャルメディアマーケティングに関するコンサルティングを強みとするエンゲージメント・ファーストとソーシャルデータの調査・分析・活用支援を行うソリッドインテリジェンス、ソーシャルメディアアカウントでのログイン機能を提供しているフィードフォースが、3社共同で開発したソーシャルメディア時代のアンケート・ソリューションです。
「People Voiceアンケート」は、アンケート調査データに加え、ソーシャルグラフ、インタレストグラフなどのソーシャルデータを分析します。アンケートにはオンラインアンケートツール「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」を連携させ、ユーザー情報の取得にはFacebookコネクトを利用したユーザー認証でユーザー情報へのアクセスの許諾を行います。
これらの仕組みにより、従来のアンケート調査では把握することが困難であった正確で詳細なユーザー情報や、どのようなFacebookページ・投稿にいいねをしているかなどのFacebookページ上での行動を把握することができ、より精度の高い顧客インサイトを導き出すことが可能となります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング