みんなに愛されているスヌーピーのバルーントイ「スヌーピー ボンボン」が新登場!

PR TIMES / 2020年3月17日 13時35分

SNSで大きな話題になったバルーントイシリーズ、新しい仲間は「スヌーピー」!

お子さまの様々な「デビュー」を応援する、幼児用の乗り物や玩具を企画製造・販売しているアイデス株式会社(所在地:東京都台東区 代表取締役社長:中井範光)は、スヌーピーのバルーントイ「スヌーピー ボンボン」を、2020年4月下旬に発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-782015-0.jpg ]

SNSで大きな話題になった乗って遊べるバルーントイシリーズに、世代を超えて愛され続けるスヌーピーのバルーントイ「スヌーピー ボンボン」が仲間入り!

抱きしめたり、乗って遊んだり、写真を撮ったり…。お家でスヌーピーといっしょにリラックスした時間を過ごせます。制限体重は90kgまでなので、大人のファンでも大丈夫。ちょっと座るときにも便利です。シンプルなデザインなので、コロンと置いておいても部屋になじむので、インテリアとしてもおすすめです。
素材は、安全な非フタル酸系PVCを使用していますので、お子さまをはじめ家族みんなで遊べます。新しいファミリーとして、お家に迎えてみませんか?

これからも、アイデスはお子さまの様々な「デビュー」を応援するために、魅力的な製品やサービスの開発に取り組んで参ります。


<スヌーピー ボンボンの特長>

1)ゆらゆら乗って遊ぶ「リラックスバルーントイ」
[画像2: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-905932-1.jpg ]

3歳から乗って遊べるスヌーピー ボンボン。
ゆらゆら揺れて乗っている姿もとってもかわいくて癒されます。

2)ゴロゴロお昼寝タイムの「クッション・まくら」
[画像3: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-987973-2.jpg ]

スヌーピーの背中を借りて、うとうとお昼寝タイム。
つい一緒にゴロンとしたくなるリラックスアイテムです。

3)思わずぎゅっとしたくなる「ぬいぐるみ」
[画像4: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-412448-3.jpg ]

本体は思わずぎゅっと抱きしめたくなるやわらかい触り心地。
リビングにも、子ども部屋にも、いつでもどこでも一緒に連れて行きたくなります。

4)シンプルなデザインで「インテリア」にもおすすめ
[画像5: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-549565-4.jpg ]

まるでお家の中にスヌーピーがいるみたい!
シンプルなデザインでインテリアとしてもぴったりなスヌーピー ボンボンです。

5)スヌーピーが大好きな「チョコチップクッキー」のかおりがします
[画像6: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-622995-5.jpg ]

スヌーピーボンボンからは、スヌーピーが大好きなチョコチップクッキーの甘いかおりがします。
なんだかお腹が空いちゃうかも。

※その他の「スヌーピー ボンボン」の商品特徴については、ホームページでご確認ください。
http://www.idesnet.co.jp/products/content.php?id=551


【製品情報】
[画像7: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-922371-6.jpg ]

■商品名:スヌーピー ボンボン(SNOOPY bonbon)  http://www.idesnet.co.jp/products/content.php?id=551
■発売日:2020年04月下旬発売
■価格:6,000円+税
■制限体重:90kg以下
■対象年齢:3歳以上
■サイズ:W320xL690xH290mm(製品)
W670xL167xH197mm(パッケージ)
■主な材質:PVC(※安全な非フタル酸系PVCを使用)
■付属品:空気入れ付き
■かおり:チョコチップクッキーのかおり

※パッケージ写真
[画像8: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-235116-7.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/5401/19/resize/d5401-19-207113-8.jpg ]


「ピーナッツ」とは
チャールズ M.シュルツ氏が初めて「ピーナッツ」の仲間たちを世の中に紹介したのは、1950年。「ピーナッツ」が7つの新聞紙上でデビューを飾った時でした。それ以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツ・ギャングたちは、ポップカルチャーに不滅の足跡を残してきました。2019年11月1日からAppleTV+で始まった新シリーズ“Snoopy in Space”をはじめ、「ピーナッツ」のアニメーション作品は、特番や帯番組として、米国ではABCのほか、アニメ専門チャンネルのCartoon Networkやboomerang、カナダではFamily Channel、そして世界規模ではYouTubeのWildBrain Sparkのネットワークなど、主要ネットワークやストリーミングサービスで放送されています。また、世界中のファンの皆様には、多種多様の商品、アミューズメントパークのアトラクション、文化イベント、ソーシャルメディア、そして伝統的な紙媒体からデジタルまで各種媒体で掲載されている連載コミックなどを通して「ピーナッツ」を楽しんでいただいています。さらに2018年、「ピーナッツ」は、NASAとスペース・アクト・アグリーメントで複数年の提携をしました。このスペース・アクト・アグリーメントは、宇宙探査とSTEMへの情熱を啓発するよう次世代の子供たちに向けてデザインされたプログラムです。「ピーナッツ」のキャラクターおよび関連する知的財産権は、Wildbrain(トロント証券取引所:DHX;ナスダック:DHXM)が41%、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが39%、チャールズ M.シュルツ氏のファミリーが20%を保有しています。日本では株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツがエージェントとして、ライセンスビジネスを展開しています。そして2020年10月2日に迎える原作コミック連載満70周年を前に、2019年10月2日より70周年アニバーサリーイヤーがスタートしております。
^^^^^^^^^^^^^^^^
関連URL
日本のスヌーピー公式Facebook ページ「Snoopy Japan」
https://www.facebook.com/SnoopyJapan
日本のスヌーピー公式サイト
http://www.snoopy.co.jp/
日本のスヌーピー公式Twitter アカウント「Snoopy Japan」
https://twitter.com/snoopyjapan
^^^^^^^^^^^^^^^^
※商品画像をご利用の際は下記のクレジットを表記ください。
(C) 2020 Peanuts Worldwide LLC ※年号は掲載年度
^^^^^^^^^^^^^^^^

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
アイデス株式会社 担当:コミュニケーション推進部 三田(みた)、福田(ふくだ)
電話:0120-511457 メールアドレス:pr@idesnet.co.jp FAX:03-5830-1954
http://www.idesnet.co.jp/
Twitter: https://twitter.com/ides_official
Instagram: https://www.instagram.com/ides_official/
facebook: https://www.facebook.com/idestokyo/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング