~環境に配慮した取り組みや技術を、クイズラリーなどで紹介~ パイオニア 「エコプロダクツ2012」に出展

PR TIMES / 2012年12月6日 17時5分



 パイオニア株式会社は、12月13日(木)~12月15日(土)に東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2012」に出展します。
 パイオニアブース(東展示場 第4ホール 4-005)では、車のフロントガラスの前方にAR情報を浮かせて表示する「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)」を、シートに座って体感することができます。また、「AR HUD」を搭載したカーナビゲーション「サイバーナビ」のほか、EV(電気自動車)用ナビや自転車専用ナビゲーション「PotterNavi(ポタナビ)」、オーディオコンポーネントなどを展示し、各製品に搭載されている環境に配慮した技術を紹介します。そのほかにも、カーナビゲーションの莫大なデータの運用・管理に要する電力量を低減するための取り組みや、ゴミを減らすためのリサイクル活動などを、クイズラリーやプレゼンテーションで分かりやすく紹介します。

・パイオニアブースの詳細    http://pioneer.jp/environment/report/20121206.html
・エコプロダクツ2012公式サイト http://www.eco-pro.com/eco2012/

【主な出展内容】

■「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)」
 「AR HUD」は、現実の風景にドライブに必要な情報を重ねて表示するため、ドライバーが直感的に情報を把握することができ、道を間違えるなど無駄な走行の低減につながります。また、「AR HUD」を搭載したカーナビゲーション「サイバーナビ」は、もっともガソリン消費量の少ないルートを選べる“エコ・ルート探索”など、エコドライブをサポートする機能も搭載しています。会場では、「AR HUD」を、シートに座って体感することができます。

・サイバーナビ商品サイト http://pioneer.jp/carrozzeria/cybernavi/avic-vh99hud_avic-zh99hud/  

■スマートループ渋滞情報(R)※1対応車載製品
 リアルタイムに渋滞の情報などを共有できるスマートループ渋滞情報(R)を活用し、渋滞を回避するルートを走行することで、CO2の排出量やガソリンの消費量を減らすことができます。「サイバーナビ」をはじめ、使いやすさを追求したカーナビゲーション「楽ナビ」、スマートフォンのナビアプリ※2を表示・操作できるスマートフォンリンク「アプリユニット」など、スマートループ渋滞情報(R)に対応したさまざまな製品を展示します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング