Xi 150Mbps対応でストレスフリーなデータ通信 「Wi-Fi STATION HW-01F」 世界で権威のあるデザイン賞‘iFプロダクトデザイン賞’を受賞

PR TIMES / 2014年2月20日 14時1分

3月の発売に先駆けて、2月20日(木)より製品サイトオープン



世界有数のICTソリューション・プロバイダーである華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)の、株式会社NTTドコモ向けに開発している、受信時最大150Mbps*1/送信時最大50MbpsのXiTM超高速通信に対応した『Wi-Fi STATION HW-01F』が、世界で権威のある‘iFプロダクトデザイン賞’を受賞しました。
また、『Wi-Fi STATION HW-01F』の3月発売に先駆けて、2月20日(木)より、製品サイト(http://consumer.huawei.com/jp/mobile-broadband/features/hw-01f-jp.htm)がファーウェイのオフィシャルホームページ内にオープン致しました。

「ファーウェイは、革新的な技術開発に加え、高いユーザー体験の提供にも尽力して参りました。モバイルWi-Fiルーターは、常に24時間持ち歩く端末であり、そのデザインが高く評価されたことをとてもうれしく思います。今後も、献身的な製品開発に取り組んで参ります」と、デバイス プレジデント ゴ・ハは述べています。


『Wi-Fi STATION HW-01F』は、広いエリアで高速通信が利用できる800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2GHzの4種のLTEに対応し、受信時最大150Mbps*1/送信時最大50MbpsのXi超高速通信が可能になりました。また、最大通信速度300Mbps*2を実現するIEEE802.11nの無線LAN規格や、通信量を気にすることなくインターネットが楽しめるdocomo Wi-Fi等の公衆無線LANに対応するほか、通信速度の低減を抑えるUSB接続も可能で、快適にお使い頂けます。さらに安定した通信環境、Wi-Fi5GHz帯もサポートしており、屋内外問わず*3快適なデータ通信が楽しめます。

近年、モバイルWi-Fiルーターはビジネス用途だけでなく、幅広い世代にユーザーが拡大していることを背景に、『Wi-Fi STATION HW-01F』は、初心者でも簡単に利用できるよう、スマートフォンやタブレットをはじめ、様々な家電で浸透しつつあるタッチパネルを採用し、優れた操作性を実現しました。2.4インチのカラー液晶で、バッテリー残量、電波状況、接続状況、データ通信量などがひと目で確認できるほか、パソコンへの接続なしで、タッチパネルで簡単にSSIDなどが簡単に設定できます。さらに、専用アプリをインストールし、本体に内蔵されたQRコードを利用すると、スマートフォンやタブレットなどでセキュリティキーの入力をしなくても、簡単にインターネットへ接続できます。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング