大戸屋ごはん処に配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を順次導入

PR TIMES / 2021年2月18日 15時15分

~サービス力向上の新しい取り組みに着手~

株式会社大戸屋は 2021年2月18日より、ソフトバンクロボティクス株式会社の配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を、USEN-NEXT GROUPの株式会社 USEN協力のもと、大戸屋が運営する「大戸屋ごはん処」4店舗に順次導入します。なお、今後さらなる導入店舗の拡大を検討していきます。
詳細: https://www.softbankrobotics.com/jp/news/info/20210218a/



株式会社大戸屋(神奈川県横浜市、代表取締役社長:蔵人 賢樹、以下「大戸屋」)は 2021年2月18日より、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀、以下「ソフトバンクロボティクス」)の配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を、USEN-NEXT GROUPの株式会社 USEN(本社:東京都品川区、代表取締役社長:田村 公正)協力のもと、大戸屋が運営する「大戸屋ごはん処」4店舗に順次導入します。なお、今後さらなる導入店舗の拡大を検討していきます。

「Servi」は、飲食店やホテル・旅館、小売店などで従業員と共に働くことを目的に開発された配膳・運搬ロボットで、2021年2月16日から販売が開始されました。店舗の業務効率化や顧客満足度の向上に加えて、来店客との直接的な接触を削減するなど、ニューノーマル時代に合った使い方も可能です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/69393/21/resize/d69393-21-866054-0.jpg ]


【“ロボ配膳”によるサービス向上】
大戸屋では、出来立ての定食を一秒でも早くお客様のテーブルにお届けし、温かい食事を提供するために従業員の配膳の補助役として「Servi(サービィ)」を活用します。
Serviの動作は滑らかで、料理や空いた食器を安定して運べます。お客様にストレスを与えることなくスムーズな配膳補助をすることでお客様の食事の場をより楽しい時間にします。

【人手不足を解消し、営業効率の最大化を図る】
新型コロナウイルスの影響で勤務を控えるアルバイト従業員が増えている中、「Servi」の活用でサービス力を補います。従業員の負担が軽減するので、多くの時間を他の接客業務に充てる事ができ、従業員の集まりづらい昼や夕方の早い時間帯に稼働する事で、営業効率の最大化を図ります。今後においては活用方法を検討しながら導入拡大を検討します。

【Serviの導入予定日・導入予定店舗(2月)】
2月18日(木)
大戸屋ごはん処 東急日吉駅ビル店(神奈川県)

その他3店舗は2021年3月中旬までに順次導入予定です。

<Servi(サービィ)概要>

[画像2: https://prtimes.jp/i/69393/21/resize/d69393-21-165536-1.png ]

高性能のセンサーを装備し、スムーズかつ安全な移動を実現。前方死角なしで、人や物を滑らかに避け、料理などを安定的に運びます。最短60cm※の幅を通過することが可能で、人とのすれ違いもスムーズです。
360°どこからでも料理などの運搬物を載せられ、総積載量は最大30kgと、重い食器や複数の料理なども一度に配膳する事が可能です。

※ご利用の環境・ご利用方法によって必要な通過幅は異なります。
※新規に店舗設計される際の推奨通路幅に関しては環境やご利用方法によって異なるため別途お問い合わせください。

「Servi」の詳細は製品ページをご覧ください。
https://www.softbankrobotics.com/jp/product/servi/spec/

「Servi」に関するお問い合わせ
https://j.softbankrobotics.com/l/650173/2020-09-17/2c6dn3

株式会社USENでのお申し込み / お問い合わせ
https://usen.com/info/chaintech/service/input.php

「大戸屋ごはん処」の詳細はこちら
https://www.ootoya.com/

【会社概要】
株式会社大戸屋: https://www.ootoya.com/
本社所在地:神奈川県横浜市西区北幸1-1-8エキニア横浜4F
代表取締役社長:蔵人賢樹
事業内容:大戸屋ごはん処を中心とした飲食店チェーン

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング