1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Scalar DB 3.1をリリース。より広範な利用にむけて、gRPCを用いたScalar DBサーバやOracle DBへの対応を始めとする機能追加・改良を実施

PR TIMES / 2021年7月27日 19時15分

株式会社Scalar(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO兼COO:深津航、代表取締役CEO兼 CTO:山田浩之)は、汎用的なトランザクションマネージャであるScalar DBにおける新しいバージョン3.1を公開しました。Scalar DB 3.1では、より多くの利用者がScalar DBの機能を利用できることを目指し、gRPCを用いたScalar DBサーバの追加、Oracle DBへの対応、並びに、複数のデータベースをまたぐトランザクションを実現すべくトランザクション管理機能の改良を行いました。

Scalar DBはこれまでJava言語のライブラリ形式で配布されておりましたが、新たにgRPCを用いたScalar DBサーバを追加し、Java言語以外のプログラミング言語からもScalar DBの機能を利用可能となりました。Scalar DBサーバは起動スクリプトや依存ライブラリを含んだZIPファイルおよびDockerコンテナとして提供されています。

また、Scalar DBのアダプタにおいて、Apache Cassandra, Azure Cosmos DB, Amazon DynamoDB, MySQL, PostgreSQL(およびそれらと互換性があるデータベース)への対応に加えて、新たにOracle DBへの対応を追加いたしました。これにより、さらに多くの利用者・企業がScalar DBを利用できるようになりました。
加えて、複数のデータベースを跨がるトランザクションを実現すべくトランザクション管理機能を改良を行いました。これまでは、一つのトランザクションにおいては一つのデータベースを用いる必要がありましたが、この改良により、ACID特性を維持したまま、一つのトランザクションで複数のデータベースを操作できるようになりました。当該機能は、例えば、マルチクラウド・マルチデータベース環境における一貫性の管理を容易にします。

今後は、Scalar DBのさらなる利用を促進すべく、マイクロサービス向けの機能やGraphQL等のインターフェースを開発する予定です。


Scalar DBとは
Scalar DBは、汎用的なトランザクションマネージャおよびトランザクションインターフェースです。Apache License 2.0の元で公開されています。
https://github.com/scalar-labs/scalardb


株式会社Scalar
代表取締役CEO兼COO:深津航
代表取締役CEO兼CTO:山田浩之
設立:2017年12月
事業内容:分散型台帳ソフトウェアの研究開発及び提供
URL: https://scalar-labs.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング