1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

犬のロゴでお馴染みのアメリカを代表するクラフトブリュワリー「ラグニタス」 定番のヘイジーIPA ”ラグニタス ヘイジーワンダー” が待望の日本初上陸

PR TIMES / 2021年10月6日 18時15分

2021年10月7日(木)より全国で発売

アメリカクラフトビールの輸入卸を行う株式会社ナガノトレーディング(代表取締役 バルマス朱美)は、アメリカ西海岸のクラフトビール醸造所ラグニタスブリューイングが醸造するヘイジーIPAスタイルのビール「ラグニタス ヘイジーワンダー」を10月7日(木)より販売いたします。

自社が運営するアメリカクラフトビールのボトルショップ&テイスティングルーム「Antenna America (アンテナアメリカ)」をはじめ全国の酒販店・飲食店にてお買い求めいただけます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/55319/22/resize/d55319-22-586eb4bc3a43e731e6b4-0.jpg ]


ラグニタスは、ホームブリュワーだったトニー・マギーが1993年にカリフォルニア州ラグニタスに創業したブリュワリーで、創業から10年間で年間醸造量が22倍となるまでの成長を遂げるなど、全米で最も成功したブリュワリーの一つに挙げられています。

運命を決めたのは、1994年に誕生した「ラグニタスIPA」。今や世界的人気を誇るラグニタスの看板ビールです。

まだIPAのような度数の高くてホップの効いたビールは知られていなかった当時、ラグニタスIPAはビール業界や愛好家に革命をもたらしました。

旋風を巻き起こしたIPA人気による急成長は小さな町の下水道を詰まらせてしまう事態を引き起こしてしまい、これが現在の本拠点となるペタルーマに移転する理由となりました。

今回日本に初上陸する「ヘイジーワンダー」は、ヘッドブリュワーのジャーミー・マーシャルがホップにフォーカスを当てレシピを考案した"ウェストコースト"ヘイジーIPA。

Cashmere、Comet、 Citra、 Chinook、 Centennial、 Simcoe、 Sabro、 Mosaicの8種類のホップを厳選ブレンドしており、一口飲むごとにそれぞれのホップがバランスよく口に広がります。

美しく濁った黄金の液体から放たれる、ホップ由来の黄桃、ブラッドオレンジ、シトラス、トロピカルフルーツの味わい、そして苦みとの絶妙なバランスをお楽しみください。


[画像2: https://prtimes.jp/i/55319/22/resize/d55319-22-0df6bd33210705eaaf7b-1.jpg ]


■ 販売商品
Lagunitas Hazy Wonder
(ラグニタス ヘイジーワンダー)

<商品仕様>
・スタイル:ヘイジーIPA
・アルコール度数:6.0%
・IBU(国際苦味単位):42

<商品種類>
12oz(355ml)缶


■ Lagunitas Hazy Wonder 特集ページ
URL: https://www.antenna-america.com/blogs/features/lagunitas-hazy-wonder


■ 株式会社ナガノトレーディングについて
アメリカのクラフトビールに特化した輸入業者として、日本で業界を先導するリーディングカンパニー。アメリカで大流行中のサトウキビ原料の飲料「セルツァー」を日本に初めて輸入するなどアメリカの食文化に特化する。現地生産工場から消費者の手元に届くまでの100%冷蔵輸送を業界として初めて実現し、クラフトビール輸送管理のモデルケースとしてアメリカで講演を行うなど、世界基準の商品品質管理について国内外から高い評価を得ている。アメリカおよび世界各国のクラフトブリュワーの加盟する業界団体 Brewers Association の正式会員として、日本のクラフトビール業界との懸け橋としても長く貢献している。
また、直営店として運営しているテイスティングルーム「Antenna America」では、販売されているクラフトビールやスナック等がすべてアメリカからの直輸入商品で統一され、アメリカの食文化体験ができる場所として情報発信も行っている。

ナガノトレーディング公式サイト: https://www.naganotrading.com/
アンテナアメリカ公式サイト: https://www.antenna-america.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング