~ハンドクリーム2013年8月~11月の購買理由~売れ筋トップは「花王 アトリックス」、2位は「ニベア ニベアクリーム」、寒さを実感する季節になってプロモーション売り場での販売が伸長!

PR TIMES / 2013年12月4日 10時19分

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約50カテゴリー。2013年11月26日時点で、購買理由データ数544,333件、会員数 43,379名です。
 本リリースでの分析レポートの購買対象期間は8月26日~11月24日の約3カ月、分析対象カテゴリーは「ハンドクリーム」で実施し、全国の女性を対象に976レシートデータの回答を基に分析しました。




◆ライトユーザーを取り込んだシリーズが上位にランクイン


 ハンドクリームカテゴリーの期間中における購入は、976レシートとなりました。このレシートデータをシリーズ別にみると、1位は「花王 アトリックス」で212レシート、2位は「ニベア ニベアクリーム」で135レシート、3位は「その他」で99レシート、4位は「コーセー コエンリッチ Q10 ホワイトハンドクリーム」で83レシート、5位は「ユースキン製薬 ユースキンA」で65レシートとなりました。

 これらの購入者をいつも購入しているロイヤルユーザー、以前に何度か購入しているライトユーザー、初めて購入したトライアルユーザーに分けてみると、ロイヤルユーザー率が最も高いのは「ユースキン製薬 ユースキンA」で52.3%がいつも購入していると答えています。また、トライアルユーザー率が高いのは「クラシエホームプロダクツ アロマリゾート」で76%がトライアルユーザーでした。

◆シリーズによって購入決定要素に差


 今回購入したシリーズの購入決定要素を聞いたところ、全体では72.1%が機能・効果を挙げました。その中で上位5シリーズを見ると、「コーセー コエンリッチ Q10 ホワイトハンドクリームN」は86.7%が、「ユースキン製薬 ユースキンA」は95.4%の購入者が「機能・効果」を購入決定要素としていることがわかりました。この2つのシリーズは「成分・原材料」を購入決定要素に掲げる方が他シリーズより多く、「体に良い」の項目でも全体に比べ購入決定要素に掲げる方が多いのが特徴です。

◆家庭の常備品と位置づけられている「ユースキンA」と「ニベアクリーム」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング