NHK総合 4月19日(土)午後9時から放送【連続5回】 土曜ドラマ 『ロング・グッドバイ』 “今まで見たことのない”ドラマの映像美に注目。 男が惚れる“日本版ハードボイルド”を浅野忠信が好演!

PR TIMES / 2014年4月25日 13時22分

 カーネーション以来の脚本執筆となる渡辺あや、「あまちゃん」以来の劇中音楽を手掛ける大友良英、そして連続ドラマ初主演の浅野忠信をはじめ個性派の俳優陣たちがタッグを組んだ、NHKの土曜ドラマ『ロング・グッドバイ』。第1回放送終了後、その映像美が早くも話題を呼んでいる。ハードボイルドの最高傑作と称される原作をもとに新たな映像化に挑む、ドラマ制作舞台裏のスタッフたちを紹介する。



 
 個性派が揃った俳優陣の熱のこもった演技を洗練された映像で切り取り、このドラマの世界観を生みだしているのは演出家・堀切園健太郎。これまで土曜ドラマ「ハゲタカ」「外事警察」、大河ドラマ「篤姫」などの話題作を手掛け、「外事警察」では映画版の監督も務めた経歴の持ち主だ。そして、『ロング・グッドバイ』では全5回の演出を全て1人で務めている。「これは非常に珍しいケース。連続ドラマは仕事量が多いので通常2人以上の演出家が担当回を分担する。それらを1人でこなすのは、堀切園の力量と並々ならぬ意気込みの表れと言えます」と城谷プロデューサーは語る。

 今回、堀切園が『ロング・グッドバイ』の演出に起用されたのは、脚本家・渡辺あや氏の強い希望からだ。渡辺氏は執筆にあたり、「この作品は登場人物の個性や佇まい、俳優の可能性を引き出す演出家の力量に左右される要素が多い」と考え、これまでのNHKドラマを改めて見直し、白羽の矢が立ったのが「外事警察」を撮った堀切園だった。「ハードボイルドに必要な美学を備えている人だと直感したんです」と渡辺氏。ポリシーのある人物を描くには、撮る側にも美学と一貫性がないと成立しないのだ。堀切園はこう語る「スタッフを鼓舞したキーワードは“無国籍に”“時代を超えろ”“毒と不純物を盛り込め”。“今までに見たことのないドラマ”を合言葉に、日本版『ロング・グッドバイ』に挑戦しました。幸い撮影も照明も「外事警察」のスタッフが再結集してくれたので、深い信頼関係の下で演出できたと思います」。

 そして、堀切園と二人三脚でハードボイルドな世界観を創り上げたのが、大河ドラマ『龍馬伝』をはじめ、数々の大作を担当するベテランデザイナー・山口類児だ。さらに映画プロデューサーもスタッフに加わる。映画「ジョゼと虎と魚たち」以来、脚本家の渡辺あや氏とタッグを組む映画プロデューサー・小川真司だ。小川氏は「チャンドラーの小説を映像化するのが夢だった」というほど大のチャンドラーファン。『ロング・グッドバイ』ではハードボイルドをとことん追求して脚本や演出をバックアップする。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング