「訪日外国人観光客」の買い物に関する調査<『販促会議』2015年1月号>

PR TIMES / 2014年12月2日 16時37分

中国旅行者9割が口コミ投稿 台湾は「接客」、米は「キャラクター」にポジティブ投稿



株式会社宣伝会議(本社:東京都港区)が発行する月刊『トッププロモーションズ販促会議』2015年1月号(12月1日発売)では、「訪日観光客の集客アイデア」を特集。訪日外国人観光客における「旅行中のショッピングに関する行動」についての調査を掲載しました(調査設計:ブルームーン・マーケティング、調査協力:USPジャパン(ジャパンショッピングツーリズム協会監修)、データ提供:Cint Japan)。過去3年以内に観光で日本を訪問したアメリカ・中国・台湾の15歳~70歳の男女323人を対象としたインターネット調査です。

調査結果(抜粋)
・「日本でショッピングする際、最も重視すること」は、どの国も「商品・品質」は多いが、中国は突出し、60%を超えた。<Q1>
・「買い物中や買い物後のSNSや口コミサイトへの投稿」については、中国は9割の旅行者が投稿。「買い物中」の投稿はアメリカが最も多く、中国と台湾は「帰国後」の投稿が最も多い。<Q4>
・「ポジティブな投稿」は、「商品の中身」についてが3カ国ともに多く、台湾は「店員や接客」が突出、「キャラクター」への反応はアメリカが高い。<Q5>


アメリカはどの回答も均衡する中で「価格」がトップ。中国は「品質」に対するこだわりが突出し、「品揃え」「価格」の2倍以上。台湾は「価格」を重視する人が最も多く、「品質」「場所・立地」と続く。


言語に関する回答が多い。アメリカに比べ、中国・台湾の「接客・サービスにおける言語」の不安は高く、中国・台湾の旅行者が母国語でサービスを受けられるならば、アピールポイントになりそうだ。


アメリカが「絶対に日本製を買いたい」というこだわりが最も強い。「出来れば日本製を買いたい」まで含めると、中国、台湾、アメリカの順。中国のみ「日本で購入できれば何でも良い」の回答がゼロで、品質・生産地への強いこだわりが伺える。


「帰国後」まで含めると、中国は約95%が何らかの投稿をしている。「買い物中」の投稿は3カ国ではアメリカが最も多い一方で、「していない」人の数も多い。中国・台湾は「帰国後」の投稿が最も多い。


旅行先の選定に影響を及ぼす口コミ。SNSや口コミサイトへのポジティブな投稿は、「商品の中身」については3カ国ともに多く、アメリカ・中国は「商品の価格」も同じくらい多い。台湾だけは「店員や接客について」が突出して高く、日本流の接客やおもてなしが喜ばれやすいことが推察される。「キャラクター」への反応が最も高いのはアメリカで他国の約3倍となった。こうした特徴は、口コミを広げるプロモーション施策を考えるうえでのヒントとなる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング