個々のレビュアーの品質管理を視覚的にサポートする“Review Heat Map”を実用化

PR TIMES / 2013年12月24日 16時54分

―eディスカバリのドキュメントレビュー工程のQCD(品質・コスト・時間)を大幅に改善―

米ナスダック、東証マザーズ上場で情報解析事業を手がける株式会社UBIC(本社・東京都港区、代表取締役社長・守本正宏)は、このたび、自社開発のe ディスカバリ(証拠開示)支援システム「Lit i View(R)」(リット・アイ・ビュー)の新機能として、ドキュメントレビューの品質管理を支援する「Review Heat Map」(レビューヒートマップ)を実用化したことを発表いたします。
この新機能は、eディスカバリにおけるレビュー(証拠閲覧)工程のマネジメントの効率化を図るもので、適切な証拠開示と、国際訴訟における莫大なコストの削減に貢献します。




ドキュメントレビューは、ディスカバリの中で最も高いコストが発生するため、その管理方法によっては莫大な訴訟コストに大きな変動を及ぼす可能性がある、非常に重要な工程です。Lit i View(R)の「Review Heat Map」(レビュアー品質表示)は、ドキュメントに対するPredictive Coding(R)の関連度スコア付けと、レビュアーのレビュー結果との対比をします。これにより、レビュアー単位の品質管理が可能となり、レビューマネジメントの効率を飛躍的に向上させます。
 また、同時に実用化した「Overview」(レビュー進捗表示)と「Productivity」(レビュー生産性表示)という2つの機能により、レビューの進捗や生産性をグラフ化した数種のチャートを一覧表示し、各状況が一目で把握できるようになりました。本機能による進捗・生産性管理の強化により、品質向上と最適なレビュー人員計画の策定を可能にします。

3つの新機能で実現できるメリット
1. 「Review Heat Map」(レビュアー品質表示)
「Review Heat Map」では、Predictive Coding(R)のスコアとレビュー結果との対比を行うことにより、レビュアー個々のレビュー品質管理を可能にしました。レビュアーが、どのスコア範囲のファイルにどの程度の割合で、案件への関連性の高さを示す「Relevant(案件に関連した文章)」のタグ付けが確認できます。
下図のサンプルイメージのように、表上では、レビュー結果内のRelevant Fileが占める割合(%)を色で識別することが可能です。本来であればスコア0から10000にかけて徐々に色が推移していきます。(凡例:「白→緑→黄→橙→赤」)もし、サンプルイメージのような異常な結果が出た場合には、視覚によって即座に発見することが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング