確報-2013年第3四半期 世界の不動産投資額、前年同期比41%増の1,400億ドル

PR TIMES / 2013年11月20日 11時59分

日本は2.4倍の87億ドル(円建てで3倍の8,580億円) 2013年通年の投資額予想を4,750~5,250億ドルに上方修正

総合不動産サービス大手のジョーンズ ラング ラサール(本社イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者コリン・ ダイアー、NYSE JLL、以下:JLL)がまとめた2013年第3四半期の投資分析レポートによると、2013年第3四半期の世界の商業用不動産投資額は1,400億ドル※1と、前年同期比41%増(前期比16%増)となりました。また、日本の商業用不動産投資額は、前年同期比139%増の87億ドル、円建てでは201%増の8,580億円※2となりました。この結果から、JLLは2013年通年の世界商業用不動産投資額の見通しを、4,750億ドル~5,250億ドルへと上方修正しました。レポートのハイライトは以下のとおりです。
尚、当レポートは10月18日に速報をリリースしています。(速報発表値:2013年第3四半期の世界の商業用不動産投資額は1,250億ドル(前年同期比25%増、前期比3%増))



2013年第3四半期の世界の商業用不動産投資額は、前期比16%増、前年同期比41%増の1,400億ドル。2008年以来過去2番目の取引額となった。(図表1、2)

2013年第1四半期~3四半期(1‐9月累計)の世界の投資額は、前年同期比21%増の3,660億ドルで、アジア太平洋地域、アメリカ大陸、EMEAの全地域で前年同期の投資額を上回った。

日本の2013年第3四半期の不動産投資額は、前年同期比139%増の87億ドル、円建てでは201%増の8,580億円。

2013年第1四半期~3四半期(1‐9月累計)の日本の投資額は、ドル建てで前年同期比68%増の295億ドルとなり、2012年通年の投資額(252億ドル)を17%上回った。一方、円建てでは109%増の2兆8,430億円となり、2012年通年の投資額(1兆9,850億円)をすでに43%上回った。

2013年第1四半期~3四半期(1-9月累計)に最も取引が活発だった都市上位4都市でそれぞれ投資額が100億ドルを越え、ロンドン232億ドル、ニューヨーク160億ドル、東京156億ドル、パリ109億ドルとなった。(図表3)

今期の投資額、そして毎年取引活動が活発化する第4四半期の傾向に基づき、2013年通年の取引額見通しを、前期予想額の4,500億ドル~5,000億ドルから、4,750億ドル~5,250億ドルへ上方修正した(2012年通年実績4,430億ドル)。また、2014年通年の取引額は、2013年取引額からさらに10%増加すると予測している。(図表4)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング