ソーシャルメディア利用者の74.8%がソーシャルコマースの経験あり 最も影響を与えている情報は「友達や家族」の投稿やフィード『ソーシャルコマース調査報告書2013』11月1日発行

PR TIMES / 2012年10月30日 15時8分



インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、ソーシャルコマースの現状分析およびユーザー調査結果を収録した『ソーシャルコマース調査報告書2013』の販売を11月1日(木)より開始します。

FacebookやTwitterなどソーシャルメディアの普及は、個人から個人への情報伝達を変化させました。その情報の中には自分と密接に関係のある家族や友達、有識者、企業からの「商品」「サービス」に関する評判や体験が含まれており、それがトリガーとなって購買行動に結びつくケースは明らかに増加しています。さらには消費者自らが購買したものに関する情報をソーシャルメディア上で発信していく行動がバイラル効果を生み、次の購買へと結び付いていくといったことが起きています。
本調査報告書は、このような「ソーシャルメディアという場で得た情報が決め手となった購買活動」をソーシャルコマースと定義し、市場動向やユーザー調査からソーシャルコマースの実態を分析して、今後の展望をまとめています。

≪調査結果の概要≫

■ソーシャルメディア利用者の74.8%がソーシャルコマースの経験あり
 最も影響力が高いのは「友達や家族」のフィードや投稿

ソーシャルメディア利用者のうちソーシャルコマースの経験があると回答したユーザーは74.8%にのぼりました。なかでも「友達や家族」からのフィードや投稿をもとにして、ソーシャルコマースの経験があると回答したユーザーが61.2%と最も高い比率となっています。以降、順に「企業やお店」の55.7%、「ネット上の知り合い」の55.0%、「ある分野に詳しい人や有識者」の41.3%、「有名人やタレント」の34.4%となっています。これは、リアルで親しい「友達や家族」の情報が購買活動に最も影響力が高く、企業や店舗によって発信される情報を上回る影響力を持っていると言えます。また今後、ソーシャルメディアのユーザー数や利用頻度の増加に伴い、ソーシャルコマースにつながるようなフィード情報がシェアされて伝播していく流れは加速していくことが考えられます。そのためソーシャルコマースの体験は、大きく増えると推測されます。

資料 ソーシャルコマースの経験

資料 フィードの発信元別 ソーシャルコマースの経験

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング