長谷部誠選手 ユニセフ公共CM ■ JAL(国内・国際線全便)で放映

PR TIMES / 2013年3月29日 11時18分

CM映像提供中 「FIRST TOUCH(ファーストタッチ)」 ― 子どもたちのために、一歩踏み出そう -

長谷部誠選手出演のユニセフ公共CM(30秒)が、来る4月1日(月)から5月31日(金)の間まで、日本航空(JAL)の国内・国際線全ての便(一部機材・路線を除く)の機内で放映されることになりました。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ユニセフ(国連児童基金) プレスリリース/Media Advisory

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

        長谷部誠選手 ユニセフ公共CM
   JAL(国内・国際線全便)で放映

FIRST TOUCH ― 子どもたちのために、一歩踏み出そう -

   CM映像提供中


長谷部誠選手出演のユニセフ公共CM(30秒)が、来る4月1日(月)から5月31日(金)の間まで、日本航空(JAL)の国内・国際線全ての便(一部機材・路線を除く)の機内で放映されることになりました。


昨年9月に公開された本公共CMのタイトルは、「FIRST TOUCH(ファーストタッチ)」。サッカーの試合で、選手がボールに初めて触れること、つまり、試合の開始を意味する言葉です。長谷部選手は、世界各地で厳しい状況に置かれている子どもたちが直面する様々な問題を解決するために、「子どもたちの未来のために、まず一歩を踏み出そう、踏み出さなければ何も変わらない。」と呼びかけます。

長谷部選手が世界の子どもたちへの支援を始めたきっかけは、国際試合の移動で利用した飛行機の中で手にしたユニセフのパンフレットでした。世界の子どもたちへの熱い思いを持ちながら、「募金」や「チャリティ」には少し気恥ずかしさを感じていたという長谷部選手ですが、国際試合でいろいろな場所へ行くような選手になったこと、そして、サッカー選手としての夢を叶えられた自分が子どもたちを支えていきたいという思いから、2007年からマンスリーサポーター※として、ユニセフの活動を支えてくださっています。2011年3月11日以降は、ブンデスリーガやワールドカップ予選の合間を縫い、幾度となく被災地にも足を運ばれ、子どもたちへの支援を行ってこられました。

※ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムは、ユニセフが中長期的な視点から子どもの成長を支える活動を行う上で、最も重要な募金プログラムのひとつ。毎月一定額の金額(自由にお決めいただけます)を募金いただくシステム。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング