10月20日(土)~ 次世代型電子ぬいぐるみ『ファービー』集積コーナーがキデイランド原宿店“K-spot”に登場!!

PR TIMES / 2012年10月10日 17時44分



 株式会社キデイランド(代表取締役社長:間宵 薫、本部:東京都台東区)が運営する「キデイランド原宿店」は、2012年10月20日(土)よりキデイランドの情報発信スペースである“K-spot”(店頭正面向かって左側)にて、話題の次世代型電子ペットぬいぐるみ『ファービー』の集積コーナーを展開いたします。

 『ファービー』は、1998年~1999年に世界中で大ヒットした電子ペット「ファービー」(国内累計約330万個、発売から3年で世界約4,000万個を販売)が進化した次世代型電子ペットぬいぐるみで、10色のカラーバリエーション、接し方で変化する性格、多数の言葉(ファービー語、英語)を話し歌やダンスをする他、時代に合わせたデジタル要素を取り入れ、スマートフォンなどのアプリケーションとの連動遊びが出来る玩具として10月20日の発売を前に大きな話題を呼んでいます。店舗への問い合わせも多く、9月5日よりキデイランド48店舗で予約受付を開始したところ非常に好評で、驚異的な進化を遂げた『ファービー』への期待感が感じられます。

 1999年当時、発売日には原宿店店頭に約200~300人のお客様が列をなし、用意した約1000個の「ファービー」はまたたく間に完売してしまい手に入らないお客様も多かったようです。その後も、毎日1000個単位で納品即完売という状況が約1ヶ月近く続きました。当時を知る担当者によると来る日も来る日も「ファービー」「ファービー」という状況が続き、社会現象を巻き起こした話題の商品だと言えます。

 2012年7月1日にグランドオープンした新生「キデイランド原宿店」は、原宿・表参道のランドマークとして、多くの皆さまにご愛顧いただき、常に新鮮で話題性の高いトレンドを提供する“情報発信基地”として、国内外から高い評価をいただいてまいりましたが、この度劇的に進化を遂げて帰ってきた『ファービー』にフォーカスし、集積コーナーを「原宿店」の情報発信スペースある1階の“K-spot”で展開し、多くのお客様に親しんでいただき、国内外のお客様に「原宿店」だからこそ表現できる特別な買い場と情報を発信してまいります。

 キデイランド原宿店は、1950年(昭和25年)11月に開店以来、長年お客様に喜んで頂けるような楽しく夢のある世界観を提供する店舗を目指して1983年に日本における最初のハロウィーンパーレードを実施するなど数々のイベントや外国人観光客の来訪の促進にも取り組んでまいりました。今後もこのようなお客様に喜んで頂けるようなイベントや企画を通じて、多くのお客様に楽しく夢のある世界観を提供してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング