株式会社オールジョブスジャパン、外国人スタッフ管理アプリ『Connectee』がビザチェッカーに関して特許を出願

PR TIMES / 2020年6月30日 17時40分

在留外国人の管理アプリConnecteeを運営している株式会社オールジョブスジャパン(代表取締役:杉原尚輔、本社:東京都港区、以下「AJJ」)は、在留カードの真偽判定システムの特許を出願致した。



[画像: https://prtimes.jp/i/45023/31/resize/d45023-31-783875-0.png ]


在留外国人管理アプリのConnecteeでは在留カード真偽判定、在留期限のアラート管理、外国人雇用状況届出書の自動作成を行うことができる。また、在留カードは撮影するだけでカード情報を自動入力することができる。

*アプリ名は、Connectee。
Connectee ランディングページ: https://connectee.app/
Connectee news ページ: https://info.connectee.app/

■Android版、ios版でダウンロードが可能Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mtic.connectee&hl=ja
App Store
https://apps.apple.com/jp/app/connectee/id1473242233

■株式会社オールジョブスジャパンについて
在留外国人の管理に特化したテクノロジーカンパニーです。

■オールジョブスジャパンのメンバー
2018年に立ち上げたオールジョブスジャパンは現在従業員数4名。オールジョブスジャパンのメンバーの過半数は外国人です。
フランス、ベトナム、米国など非常にダイバーシティに富んだメンバーがサービスを作り支えています。

■プランについてはお問い合わせください
Connecteeは、外国人スタッフを雇用している企業様向けのアプリケーションです。
プランにつきましては、オールジョブスジャパンまでお問い合わせください。
https://connectee.app/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング