1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

AIによる簡単・高性能 の 電子帳簿保存クラウドサービス「 DenHo (デンホー) 」を リリース

PR TIMES / 2021年11月17日 20時15分

2022年1月から施行される改正電子帳簿保存法にも対応

株式会社インフォディオ(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本伸弘、以下「当社」)は AI により簡単に紙帳票を分類・データ化・保管・全文検索が可能なクラウドサービス「DenHo(デンホー)」を2021年12月下旬にリリースいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/27032/34/resize/d27032-34-3bfa78ee97158a7a017c-0.png ]


【DenHo(デンホー)誕生の背景】
2022年1月から施行される改正電子帳簿保存法では、大幅に要件が緩和されることで、電子帳簿保存に対する敷居が下がり、企業のペーパーレス化が促進されることが期待されています。

紙書類を電子データで保存することを認める電子帳簿保存法の要件として、電子保存を行う際には保存した書類のファイルを日付、金額、取引先名で検索できるようにすることが必要となっております。
これに伴い、電子保存時にこれらの検索用データを登録・管理する仕組み、加えて検索の仕組みを構築することが企業に求められるようになります。

そこで、当社がこれまでに「スマートOCR」で蓄積したAI-OCR技術を活用し、電子帳簿保存に特化したソリューション「DenHo(デンホー)」を開発・リリースすることにいたしました。
新ソリューション「DenHo(デンホー)」においてもAI-OCRの機能が搭載されることで、電子帳簿保存法の要件である日付、金額、取引先名での検索用データを自動でAIが作成いたします。

【「DenHo(デンホー)」の特徴】

[画像2: https://prtimes.jp/i/27032/34/resize/d27032-34-50edba5f5752671548b0-1.png ]



特徴1:すべてAIにおまかせ!かんたん操作
フォルダーに入れるだけで、AIが自動で分類して帳票の種類別に保存。
電子帳簿保存法の検索用データの日付・金額・取引先名を高精度AI-OCRが自動で読み取り、データ化します。
帳票の種類別の分類以外にも、ユーザーの任意のタグ(分類)をAIに学習させれば、帳票の自動振り分けを自由にカスタマイズすることも可能です。

「DenHo(デンホー)」は非常にシンプルな機能であることからすぐに使いこなすことができます。そしてシンプルであるがゆえ導入準備の際にも担当者の負荷をかけずにすぐに利用開始することができます。
電子帳簿保存で業務効率化を図りたい企業はもちろん、電子帳簿保存の準備にまだ手をつけられていない企業や、電子帳簿保存の準備に人的リソースを割けそうにない企業への迅速な電子帳簿保存導入を「DenHo(デンホー)」は強力に支援いたします。

特徴2:優れた検索性
電子帳簿保存法の検索要件である日付・金額・取引先名だけでなく、帳票の中にある文字すべてをOCRで抽出し保存していますので、全文検索が可能となっております。
ファイル名や取引先名がわからなくても、帳票の中にある文字列なら何でもキーワードとして検索が可能です。

特徴3:手書き文字もデータ化
「DenHo(デンホー)」に搭載されているAI-OCRエンジンは手書き文字の読み取りも可能です。手書きの領収証や注文書をアップロードするだけで帳票内にある画像の文字がテキストデータへ変換されます。電子帳簿保存以外にも、ホワイトボードの写真を議事録として保存する等、使い方のアイデアは広がります。

特徴4:導入しやすい価格設定
「DenHo(デンホー)」はクラウドサービスであり、ご利用のストレージ容量による従量体系の料金設定となります。
サービスのご利用開始時はスモールスタート、必要に応じてプランのグレードアップを適宜行うことが可能となっております。

特徴5:安心のセキュリティとシステム安定性
「DenHo(デンホー)」は実績の豊富な当社製品の「スマートOCR」のエンジンを搭載しており、セキュリティやシステム可用性においては「スマートOCR」と同じ基準で運用されています。
「スマートOCR」は国税庁や、国勢調査、みずほ銀行、JTBなど、官公庁や大手企業でも採用されております。


製品詳細
「DenHo(デンホー)」オフィシャルサイト
https://www.smartocr.jp/denho/


【AI-OCRソリューション「スマートOCR」について】
AI-OCRソリューションである「スマートOCR」では定型・非定型の様々なフォーマットの帳票を汎用的にデータ化することが可能で、すでに多くの企業に導入いただき、デジタル化、ペーパーレス化に貢献してまいりました。「スマートOCR」では位置指定だけでなくルール定義・データ抽出AIにより、スマホなどから撮影した写真のOCR変換・データ化を可能としてきました。位置指定でないため、スマホで撮影した写真や、ゆがんだ写真などでも帳票をデータ化することができます。
データ抽出パッケージとして、「請求書」「領収書・レシート」「名刺」「運転免許証」「健康保険証」「決算書」「源泉徴収書」をリリースしており、今後もさまざまな用途のものをリリース予定です。
「スマートOCR」の詳細はこちら https://www.smartocr.jp/solution/

【用語解説】
・OCR(Optical Character Recognition)
光学式文字読み取り装置。印刷物などの文字を、光を当てることで読み取り、テキストデータに変換する仕組み。


【お問い合わせ先】
本製品についての詳細につきましては、以下よりお問い合わせください。
株式会社インフォディオ
お問合せフォーム: https://www.smartocr.jp/contact/
メール:ocr_support@infordio.co.jp
お電話:03-3868-2888 (マーケティング企画部 担当者 宛)


本社所在地 : 東京都文京区本郷二丁目27番20号 本郷センタービル5階
設立 : 2002年7月
代表者 : 代表取締役 勝本伸弘
資本金 : 1億円 ( 株式会社アイリックコーポレーション: 100%)
事業内容 :AI-OCRソリューション「スマートOCR」の開発・運用・販売ソフトウェア受託開発およびソフトウェア製品開発(金融機関、独立行政法人、通信会社等)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください