グローバルモビリティサービス 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格の認証を取得

PR TIMES / 2019年10月17日 17時5分

Global Mobility Service株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員/CEO:中島 徳至 以下「GMS」)は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格であるISO 27001(ISO / IEC 27001:2013/ JIS Q 27001:2014)の認証を取得したことをお知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/29681/37/resize/d29681-37-947733-0.png ]

 GMSは、FinTechサービスをご利用いただいているお客様の大切な情報を扱っており、お客様に安心してサービスをご利用いただくため、厳格な自社基準による情報管理を徹底してまいりましたが、これまでのGMSの情報セキュリティマネジメントの体制が第三者機関より認められ、国際規格の「ISO 27001(ISO / IEC 27001:2013/ JIS Q 27001:2014)」の認証を取得いたしました。今後さらに情報セキュリティ体制を強固なものにし、お客様の信頼をより一層高めることができるよう取り組んでまいります。

■認証登録概要
 認証規格:ISO 27001(ISO / IEC 27001:2013/ JIS Q 27001:2014)
 登録組織:Global Mobility Service株式会社 技術本部
 登録範囲: 車両の状態監視及び車両遠隔制御システムのデータ分析、開発及び運用
       2019 年 6 月 11 日付 適用宣言書 第 1 版
 認証登録日:2019年9月27日
 認証登録番号:IS 711302

 GMSは、日本発の金融包摂型FinTechのグローバルベンチャーとして、真面目に働く人が正しく評価される仕組みを創造すべく、「モビリティサービスの提供を通じ、多くの人を幸せにする。」を理念に掲げ、日本及びASEAN各国で活動しています。世界で17億人にも上る金融サービスへアクセスできない人々へ活躍する機会を創出することを通じ、社会課題解決型企業として事業をより一層推進してまいります。

 これからのGMSの取り組みに、どうぞご期待ください。


■Global Mobility Service株式会社の概要

[表: https://prtimes.jp/data/corp/29681/table/37_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング