【渋谷エクセルホテル東急】11/17 日本料理と日本酒を楽しむ会 ~新潟の蔵元と語らう夕べ~ 開催

PR TIMES / 2012年10月1日 10時37分



渋谷エクセルホテル東急〔東京都渋谷区 総支配人 末吉孝弘(すえよし たかひろ)〕
では、2012年11月17日(土)に、日本料理「旬彩」にて、酒どころ新潟・越の華酒造
代表の小野寺聡氏を迎え、日本酒と会席料理を楽しむ会を開催します。

越の華酒造は1870年(明治3年)創業、2011年には全国新酒鑑評会で「金賞」を受賞する
など、大変評価の高い手造り吟醸酒造です。
代表・小野寺聡氏にその魅力を語っていただきながら、食前酒・食中酒・デザートに合う
食後酒を含む全6種をお楽しみいただく企画とし、お料理は、新潟の食材を中心に組み立てる
会席料理をご用意します。
20名様限定での開催となりますので、日本酒ビギナーの方でも気軽にお楽しみいただける
ような雰囲気を作ってまいります。

日本酒造組合中央会の発表によると、2011年度の清酒出荷量(速報ベース)は、前年度比
1.2%増の60万1807キロリットルで、1995年度以来16年ぶりにプラスとなりました。
東日本大震災で被災した東北や関東の蔵元を支援するため、全国で日本酒を購入する動き
が広がったことが出荷量を押し上げたとの見方もありますが、女性酒造家の増加や女性向け
の日本酒が増えたりと、日本酒の新たなイメージ開拓も盛んであり、当イベントにおきま
しても、女性のお客様が多数ご来場されることを期待しています。
以下、概要をご覧くださいますようお願いいたします。

【日本料理と日本酒を楽しむ会 概要】
□日時:2012年11月17日(土) 18:00受付、18:30スタート予定 ※要予約・限定20名様
□場所:日本料理「旬彩」(渋谷エクセルホテル東急25階)
□料金:お1人様 8,000円(税金・サービス料込)
□内容:日本酒6種+会席料理(7品)

【越の華酒造 紹介】
1870年(明治3年)、新潟市沼垂(ぬったり)にて創業した手造り吟醸酒蔵。
「究極の酒」、「特徴ある地酒」を求め、米は兵庫県産「山田錦」、新潟県産「五百万石」、
幻の酒米と言われる「亀の尾」、山田錦と亀の尾の特徴を持つ「華吹雪」を使用し、できる
限り酒本来の旨味・香りを楽しんでもらうべくこだわりを持った蔵元です。

【日本料理「旬彩」ご紹介】
地上100mの絶景を臨む日本料理店。
店内どのお席からも眺めの良い景色を楽しむことができ、中でも個室は、都内屈指の眺望を
誇ります。
日本全国各地の旬食材を取り寄せ、ご昼食・ご夕食ともに、月替わりで献立をご用意します。
●昼食:2,500円~(会席弁当、会席料理)
●夕食:5,000円~(メイン料理を選べる御膳、会席料理、しゃぶしゃぶ会席、一品料理

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング