国連WFP、エボラ出血熱発生国で緊急食糧支援と輸送活動強化

PR TIMES / 2014年9月4日 16時0分

ダカール(セネガル)発-国連WFPは、エボラ出血熱の主流行地であるギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国で、患者やその家族、隔離地区の住民等などに対する緊急食糧支援を拡大するとともに、エボラウイルスの感染拡大防止に取り組むさまざまな人道支援機関に対する物資輸送活動のサポートを強化しています。



国連WFPは、医療施設や隔離地区にいる130万人に食糧を届けるべく、緊急食糧支援を立ち上げました。現地政府や世界保健機関(WHO)、その他の連携機関が、患者の治療や新たな地域への感染拡大防止に全力を挙げる中、国連WFPは、食糧支援や支援物資の輸送活動を通じてエボラ封じ込めを後押ししています。

国連WFP西アフリカ地域局長のデニス・ブラウンは、「我々は、支援を必要としているすべての人々に食糧を届けるため、ありとあらゆる努力を行っています。また、エボラ出血熱を封じ込め、生活に最低限必要なものを現地の人々に届けようとしている国連の姉妹機関や非政府組織 (NGO)に対しては、支援物資の輸送のサポートも担っています。エボラウイルスを封じ込めるには、食糧支援を含め包括的な取り組みが必要になります。」と話しました。

国連WFPでは、新たに50人のスタッフを同3カ国に派遣しているところです。

国連WFPは他の国連機関やNGOなどの支援組織に対して、国連人道支援航空サービス(United Nations Humanitarian Air Service、略称UNHAS)という旅客・物資の航空輸送サービスを世界中で提供しています。8月16日からエボラ出血熱発生国でもこのサービスを開始しました。同3カ国の首都(コナクリ、モンロビア、フリータウン)間を19座席の航空機が結び、人道支援関係者や支援物資を運んでいます。数日中に、モンロビアに停留しているUNHASのヘリコプターが、エボラ出血熱の流行地域へと向かう予定です。

また、国連WFPは、緊急時対応のため、国連人道支援物資備蓄庫(United Nations Humanitarian Response Depots 、略称UNHRD)の運営も行っています。ここにはさまざまな支援機関が、緊急支援物資である医療用品・テント類・IT機器・プレハブ・組み立て式倉庫などを戦略的に備蓄しています。今回、ドバイとアクラにあるUNHRDから、手袋やマスクなどの防護用品および医療用具計30トン(34万米ドル相当)を、同3カ国で活動するWHOや国連WFP、そして、国際協力機構(JICA)へと届けました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング