安全をスタンダードに EUでモーターサイクル用ABS装備が義務化 ボッシュがあらゆる車両クラスに対応したソリューションを提供

PR TIMES / 2013年3月27日 11時38分

■2016年からEUでABS装備が義務化

■1994年に量産が開始されてから75万個を製造

■ABSが生命にかかわる深刻な事故の1/4を防止可能



交通事故の発生数をさらに減少させるため、3月初めに欧州議会でモーターサイクルにABS(アンチロック・ブレーキ・システム)の装備を義務化する法案が可決されました。これによって、ヨーロッパで次第に増えつつあるモーターサイクルに2016年からABSが標準装備されることになります。ヨーロッパの路上では、2011年だけでも約5,000人のライダーの命が失われているのが現状です。ボッシュ・シャシーシステム・コントロール事業部長のGerhard Steigerはボッシュの事故調査報告をもとにこう述べます。「ABSが標準装備されることで、人身事故を含め、モーターサイクルに関連する事故全体の1/4以上を防ぐことができます」

ボッシュは1994年からモーターサイクル用ABSの生産を開始し、これまでに約75万個を供給してきました。また、2010年にはモーターサイクル専用に設計した新世代のABSを発表しました。それ以降も性能を向上させるべく、継続的に追加機能の開発を進めています。

同じく2010年には、ABSが安全性の向上に大きく貢献したとして、ADAC(ドイツ自動車連盟)から「イノベーション&環境」部門のイエローエンジェル賞を授与されました。


全クラスのモーターサイクルの安全性を向上

今後は新しいEU規制に従って、排気量125cc以上のモーターサイクル全車にABSの装備が義務化されます。2016年1月1日以降、この規制は認可モデルのモーターサイクルに適用され、さらに2017年からは新車登録された全モデルに適用されることになります。また、排気量50cc程度の小型モーターサイクルには、ABSまたはコンバインド・ブレーキ・システムのどちらかの装備が課されます。このコンバインド・ブレーキ・システムは、前輪と後輪を機械的にリンクさせるシステムのことで、ブレーキング時に減速する力が常に両輪にかかります。ただ、ブレーキ圧は調整されないため、ホイールがロックする可能性があります。

欧州議会と欧州閣僚会議でABS義務化が可決されたことにより、今後はこの規制がEU官報に記載され、公に効力を発することになります。


ボッシュが車両クラスすべてをカバーするソリューションを提供

ボッシュは2010年から世界最小・最軽量のモーターサイクル用ABSの量産を開始しました。このモーターサイクル用ABS「Generation 9」はさまざまなモデルのモーターサイクルに装備することができます。標準化されたモジュラー設計をベースに、ボッシュは各モーターサイクルメーカーの要求に合わせて個別に調整したソリューションを提供しているからです。例えば、2013年初めに発売が開始されたABS 9 light(エントリーレベルのバリエーション)は、アジアの新興成長市場では一般的となっている低価格のモーターサイクルに合わせて、前輪を制御する油圧ブレーキの回路が1つになっています。さらに、ボッシュのABSには、前後両輪を制御するABS 9 base、ABS 9 plus、電子制御式コンバインド・ブレーキ・システム(eCBS)に使用されるABS 9 enhancedなど、さまざまなバリエーションが各種揃っています。特に最上位バリエーションとなるABS 9 enhancedでは、ライダーが前輪または後輪のみにブレーキをかけた場合でも、自動的にブレーキ圧を可変配分しますので、圧力を別途調整したり、ブレーキレバーを操作する必要はありません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング