1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

“SECURITY TOKEN 2021”第2回ビジネスアイデアコンテストの応募受付期間を延長

PR TIMES / 2021年10月22日 11時15分

一般社団法人日本セキュリティトークン協会(所在地:東京都中央区、共同代表理事:並木智之・増田剛、英名:Japan Security Token Association、以下「JSTA」)は、セキュリティトークンを活用したイノベーションの追究を目的として開催中の第2回ビジネスアイデアコンテスト(以下「本コンテスト」)について、一次応募受付締切を2021年11月12日(金)、最終応募受付締切を2022年1月7日(金)とする新たなスケジュールを設定しました。奮ってご応募ください!



[画像: https://prtimes.jp/i/45921/45/resize/d45921-45-0d8502b9bb6f6c3c4d59-0.png ]

セキュリティトークンは、既存の証券化ビジネスを変革し、さらに新たな金融商品を生み出すポテンシャルを秘めています。それは、金融商品取引法下で第一項有価証券・第二項有価証券と規定される「デジタル証券」の領域だけがその舞台ではないことを意味します。当協会は、セキュリティトークンの定義を広く定義しており(下記参照)、本コンテストにおいても、同様です。

セキュリティトークンとは、ブロックチェーンネットワーク上で発行されるデジタルトークンのうち、有価証券その他の資産や価値の裏付けを有するものを指します。ブロックチェーンの特性を活かし、裏付資産に対する権利をボーダーレスかつセキュアに移転可能とします。日本法上では、典型的には金融商品取引法上「電子記録移転有価証券表示権利等」と定義されるものを指しますが、JSTAでは、同法の適用のない資産等に対する権利をトークン化したもの及び当該権利を表示するトークンをも広くセキュリティトークンの定義に含んでいます。

大手金融機関・不動産会社を中心に、セキュリティトークンビジネスが続々と立ち上がっている追い風の状況を踏まえ、昨年に引き続き、ビジネスアイデアコンテストを開催します。本邦マーケットの裾野を一層拡げ、エコシステム成長を促す新たなビジネスアイデアを募集しています。

このたび、応募期間を延長するとともに、応募受付締切を2段階としました(一次締切:2021年11月12日(金)、最終締切:2022年1月7日(金))。一次締切までに応募いただくと、応募したアイデアについてJSTA理事からフィードバックを得たうえで、最終締切までに再応募することができます。

また、応募アイデアを創出するヒントとなるよう、対象アイデアの範囲・例(あくまで一例)を下記の通り提示しますので、応募を検討されている方は是非参考としてください。

<開催概要>
■ 主催 一般社団法人日本セキュリティトークン協会( https://securitytoken.or.jp/
■ 後援 一般社団法人Fintech協会( https://fintechjapan.org/
■ 応募要項
応募方法:

本コンテスト専用Webサイトからの応募 https://contest.securitytoken.or.jp/c2021/

必須項目:


ビジョン・解決したい課題
アイデアの新規性
セキュリティトークンならではの特色

応募資格:


本コンテストのコンセプトに共感いただける方
個人・法人・グループでの応募も可能です
応募形式は自由です

■ 対象アイデアの範囲・例
(あくまで参考用ですので、必ずしもこれらに留まりません。不安な場合は個別にお問合せ下さい。)
資産・権利をセキュリティトークン化するアイデア


トークン化対象はリアルアセットでもデジタルデータでもOKです。
所謂「第一種金融商品取引業者」「第二種金融商品取引業者」でなければ取り扱いできない資産(株式・債券等)のみが対象ではありません。
例)会員権・古酒・競走馬・アート・音楽・映画・デジタルコンテンツ(含むNFT) etc
投資家にとって魅力(金銭的リターンに限らず)あるものとは何か・・・。
例)エンタメファン特典・地方特産品・社会貢献 etc

セキュリティトークンの周辺事業に関するアイデア


トークン化そのものに関するアイデアのみならず、そのエコシステムを支えるサービス・仕組みに関するアイデアも募集しています。
例)ユーザー体験の良いウォレット、格付評価手法、開示費用逓減の仕組み etc

技術的・法規制的制約よりも創造性を重視しています!(公序良俗にはご配慮ください)

■ 募集期間

2021年9月10日(金)~2022年1月7日(金)
一次応募受付締切:2021年11月12日(金)
最終応募受付締切:2022年1月7日(金)
一次締切までに応募いただくと、応募したアイデアについてJSTA理事からフィードバックを得たうえで、最終締切までに再応募することができます。

■ 賞金・入賞特典


最優秀賞:賞金50万円+事業化支援金50万円(事業化支援金のお支払いには一定の要件があります)
優秀賞:賞金20万円
アイデア賞:賞金20万円
Fintech協会賞
協賛企業賞:BlockchainHub賞:有料セミナー無料受講券、FinGATE賞:FinGATE KAYABAのコワーキングスペース3ヵ月無償貸与(一定要件あり)

■ 審査プロセス(新型コロナ感染症の流行状況によっては様式・スケジュールが変更となる場合があります)


1次審査:2022年1月14日(金)書類審査
2次審査:2022年1月27日(木)会場プレゼンテーション審査
受賞者決定:2022年2月

■ 審査員


JSTA理事・正会員各社
Fintech協会(Fintech協会賞のみ)
協賛企業各社(協賛企業賞のみ)

<協賛企業(募集中)>


株式会社ブロックチェーンハブ( https://www.blockchainhub.co.jp/
FinGATE(会場協賛)( https://www.fingate.tokyo/)(平和不動産株式会社が運営する日本橋兜町・茅場町の資産運用・Fintech企業向けオフィス)


なお、応募をご検討されている方を対象に随時オンライン説明会を開催しています。
詳細はこちら・・・ https://securitytoken.peatix.com/

■ 一般社団法人日本セキュリティトークン協会(JSTA)について
当協会は、セキュリティトークンの技術、制度、ビジネスに関して、調査、研究、普及・啓発活動等を通じて、セキュリティトークンの品質向上を図り、セキュリティトークンを用いたエコシステムの健全性の確保に努めるとともに、公正かつ自由な経済活動の機会の確保及び促進並びにその活性化による国民生活の安定向上に寄与し、日本経済の健全な発展に貢献することを目的として活動しています。また、トークン発行プラットフォーマーのSecuritize Inc.(米国)・Tokeny Solutions(ルクセンブルク)・Security Token Market LLC(米国)・Archax Ltd.(英国)とパートナーシップを締結し、海外事例の収集にも取り組んでいます。

【代表者】 共同代表理事 並木智之・増田剛
【所在地】  東京都中央区日本橋茅場町1-8-1茅場町一丁目平和ビル8階BcH(※)
【URL】  https://securitytoken.or.jp/

※ JSTAは、株式会社ブロックチェーンハブ( https://www.blockchainhub.co.jp/)の創業支援プログラム下で創設され、同社運営のスタートアップインキュベーションセンターに入居しています。

■ 本件に関するお問い合わせ先
info@securitytoken.or.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング