パリで発生したテロ事件に関する発表

PR TIMES / 2015年11月16日 12時23分



インターナショナルSOSとコントロール・リスクスは、11月13日から14日にかけて発生したパリでのテロ事件後、情勢のモニターを続けております。会員メンバーは、必要に応じてアシスタンスセンターへの連絡、メンバーシップポータルサイトからトラベルセキュリティオンラインの最新情報の確認、Eメールアラートの受信など、最新情報の収集と対策確認を怠らないでください。また会員専用アシスタンスアプリについてはこちら( http://www.internationalsos.co.jp/app/index.html)からご確認下さい。

詳細情報や渡航アドバイスについては、インターナショナルSOSのアシスタンスセンターまでお電話ください。


[画像1: http://prtimes.jp/i/9911/48/resize/d9911-48-749608-1.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/9911/48/resize/d9911-48-668538-2.jpg ]



インターナショナルSOSとコントロール・リスクスについて

インターナショナルSOSとコントロール・リスクスの提携により、世界をリードする医療並びにセキュリティのスペシャリスト集団を結成しました。トラベルセキュリティリスクサービスへの高まる顧客ニーズを満たすべく、両社のリソースと専門知識を結集してサポートしています。我々が提供するソリューションは、渡航中の社員の安全と生産性を確保し、企業が社員への安全配慮義務を果たせるよう支援するものです。世界27カ所に拠点を置くアシスタンスセンターの200人以上のトラベルセキュリティスペシャリストと700以上の認定プロバイダーからなるパートナーネットワークを通じて、世界各国のトラベルセキュリティに関する情報と分析を24時間365日体制で提供しています。トラベルセキュリティトレーニング、トラベルリスク評価、トラベルセキュリティリスクポリシーの策定支援、避難計画、および会員企業が渡航中の社員を追跡し、安否確認を可能にする最新技術を提供しています。

インターナショナルSOS http://www.internationalsos.co.jp
コントロール・リスクス http://www.controlrisks.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング