「自動車・自転車の交通安全」に関するアンケート調査~自動車・自転車でのヒヤリ・ハット経験を 三井ダイレクト損保がリサーチ~

PR TIMES / 2013年4月1日 16時34分



「自動車・自転車の交通安全」に関するアンケート調査
~自動車・自転車でのヒヤリ・ハット経験を 三井ダイレクト損保がリサーチ~


◆交通事故になりそうになったシーンは

【自動車】48.0% 【自転車】50.7%で、ともに「人・車の飛び出し時」

◆事故になりそうになった経験に対し

【自動車】「自分が悪かった」48.0% 【自転車】「自分が悪かった」31.4%

◆一日警察署長として話を聞いてみたい有名人1位「尾木直樹(尾木ママ)」20.3%

三井ダイレクト損害保険株式会社(URL:http://www.mitsui-direct.co.jp/ 社長:船木 隆平)は、2013年2月28日(木)~3月4日(月)の5日間、20歳~59歳・自動車を運転する150人・自転車を運転する150人の男性女性に対し、「自動車・自転車の交通安全」についてのインターネットリサーチを実施し、300名の有効回答を得ました。


「自動車・自転車の交通安全」に関するアンケート調査 主な質問と回答

直近1年間に、交通事故になりそうになった経験は、どこで経験した?(図1)
【自動車】1位:「信号のない交差点」39.3%、2位:「信号のある交差点」34.7%、3位:「交差点付近」30.7%
【自転車】1位:「信号のない交差点」42.0%、2位:「狭い路地」35.3%、3位:「信号のある交差点」34.0%


直近1年間に、交通事故になりそうになった経験の原因についてどのように考える?(図2)
【自動車】「自分が悪かった」48.0%、「相手が悪かった」52.0%
【自転車】「自分が悪かった」31.4%、「相手が悪かった」68.6%


直近1年間に、交通事故になりそうになったシーンは?(図4)
【自動車】1位:「人・車の飛び出し時」48.0%、2位:「よそ見運転時」26.0%、3位:「左右の確認を怠った時」18.0%
【自転車】1位:「人・車の飛び出し時」50.7%、2位:「左右の確認を怠った時」22.7%、3位:「一時停止すべき場所でしなかった時」18.7%


警察の一日署長として話を聞いてみたいと思う有名人は?(図6)
1位:「尾木直樹(尾木ママ)」20.3%、2位:「船越英一郎」18.3%、3位:「綾瀬はるか」12.3%


アンケート調査結果より、【自動車】も【自転車】も事故になりそうになった場所やシーンは似ていることがわかりました。また、事故になりそうになった経験に対し、【自動車】は【自転車】と比べると「自分が悪かった」と思っている方が多い結果となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング