「自動車・自転車の交通安全」に関するアンケート調査~自動車・自転車でのヒヤリ・ハット経験を 三井ダイレクト損保がリサーチ~

PR TIMES / 2013年4月1日 16時34分



「自動車・自転車の交通安全」に関するアンケート調査
~自動車・自転車でのヒヤリ・ハット経験を 三井ダイレクト損保がリサーチ~


◆交通事故になりそうになったシーンは

【自動車】48.0% 【自転車】50.7%で、ともに「人・車の飛び出し時」

◆事故になりそうになった経験に対し

【自動車】「自分が悪かった」48.0% 【自転車】「自分が悪かった」31.4%

◆一日警察署長として話を聞いてみたい有名人1位「尾木直樹(尾木ママ)」20.3%

三井ダイレクト損害保険株式会社(URL:http://www.mitsui-direct.co.jp/ 社長:船木 隆平)は、2013年2月28日(木)~3月4日(月)の5日間、20歳~59歳・自動車を運転する150人・自転車を運転する150人の男性女性に対し、「自動車・自転車の交通安全」についてのインターネットリサーチを実施し、300名の有効回答を得ました。


「自動車・自転車の交通安全」に関するアンケート調査 主な質問と回答

直近1年間に、交通事故になりそうになった経験は、どこで経験した?(図1)
【自動車】1位:「信号のない交差点」39.3%、2位:「信号のある交差点」34.7%、3位:「交差点付近」30.7%
【自転車】1位:「信号のない交差点」42.0%、2位:「狭い路地」35.3%、3位:「信号のある交差点」34.0%


直近1年間に、交通事故になりそうになった経験の原因についてどのように考える?(図2)
【自動車】「自分が悪かった」48.0%、「相手が悪かった」52.0%
【自転車】「自分が悪かった」31.4%、「相手が悪かった」68.6%


直近1年間に、交通事故になりそうになったシーンは?(図4)
【自動車】1位:「人・車の飛び出し時」48.0%、2位:「よそ見運転時」26.0%、3位:「左右の確認を怠った時」18.0%
【自転車】1位:「人・車の飛び出し時」50.7%、2位:「左右の確認を怠った時」22.7%、3位:「一時停止すべき場所でしなかった時」18.7%


警察の一日署長として話を聞いてみたいと思う有名人は?(図6)
1位:「尾木直樹(尾木ママ)」20.3%、2位:「船越英一郎」18.3%、3位:「綾瀬はるか」12.3%


アンケート調査結果より、【自動車】も【自転車】も事故になりそうになった場所やシーンは似ていることがわかりました。また、事故になりそうになった経験に対し、【自動車】は【自転車】と比べると「自分が悪かった」と思っている方が多い結果となりました。


(図1)

直近1年間に、交通事故になりそうになった経験(ヒヤリ・ハット経験)は、どこで経験されたか聞いたところ、最も多い回答は【自動車】【自転車】とも「信号のない交差点」でそれぞれ39.3%・42.0%という結果になりました。【自動車】、【自転車】ともに事故になりそうになった経験が多い「信号のない交差点」では、お互いに譲り合い、かつ注意をしなければならない場所といえそうです。

(図2)

直近1年間に、交通事故になりそうになった経験の原因を聞いたところ、【自動車】では「自分が悪かった」が48.0%、【自転車】では「自分が悪かった」が31.4%という結果になりました。【自動車】は約半数ほどが「自分が悪かった」と思っていることに対し、【自転車】は「自分が悪かった」と思う方が少ないようです。

(図3)

直近1年間に交通事故になりそうになった経験の対象を聞いたところ、【自動車】では「車」60.7%、【自転車】では「車」63.3%で共に「車」が最も多い結果となりました。自動車を運転する方も、自転車を運転する方も「車」との交通事故になりそうになった経験が最も多く、自動車を運転する方は十分な慎重さが求められるといえそうです。

(図4)

直近1年間に、交通事故になりそうになったシーンを聞いたところ、【自動車】は48.0%、【自転車】は50.7%で「人・車の飛び出し時」が圧倒的に多い回答となりました。歩行者側からしても注意をしなければならない結果となりました。「人・車の飛び出し時」は誰しもが交通事故になりうるシーンだといえます。こういった交通事故になりそうになったシーンを知ることで事故を防ぐことができるのではないでしょうか。

(図5)

どうすれば交通事故になりそうになったシーンを回避できたと思うか聞いたところ、「安全確認を怠らない」が【自動車】でも74.0%、【自転車】でも64.0%で最も多い回答となりました。お互い、安全確認を怠らなければ、今後は事故も減っていくはずです。しかし、「安全確認を怠らない」や「スピードを出さない」や「運転中は運転に集中する」など交通ルールを守っても、事故は完全にはなくなりません。「お互いに譲り合う」や「会釈などのジェスチャーをする」など、お互いにコミュニケーションをとることも事故を防ぐためには必要なのではないでしょうか。


(図6)

警察の一日署長として話を聞いてみたいと思う有名人を聞いたところ、最も多い回答は「尾木直樹(尾木ママ)」の20.3%という回答になりました。教育評論家としてテレビでもおなじみなので、子供から大人まで、わかりやすく交通安全について話をしてくれると思った方が多いのでしょうか。また、「その他」の意見としては「高田延彦」や「イチロー」などスポーツ選手の方も多く挙げられました。


三井ダイレクト損害保険株式会社は「交通事故をなくしたい」という思いを具現化するため『MUJICOLOGY!』(URL:http://www.mujicology.jp/)というプロジェクトを行っています。

私たちは交通事故が起こる原因に着目し、多くの交通事故は、ドライバー同士の意思疎通不足に起因すると想定されることから、ドライバー同士のコミュニケーションの円滑化、ドライブマナーが向上すれば事故のない社会に一歩近づくと考えました。そして、エコロジー活動の広がりをヒントに、「無事故+減らすという意味+環境への配慮」から、『MUJICOLOGY!』ということばをデザインしました。


調査概要
調査方法:インターネット調査(PC)
調査期間:2013年2月28日(木)~3月4日(月)
実施機関:株式会社ネオマーケティング『iResearch』
調査地域:全国
有効回答数:300人


~報道関係者様へのお願い~

本内容の転載にあたりましては、「三井ダイレクト損保調べ」と付記のうえご使用いただきますようお願い申し上げます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング