『グランツーリスモ6』を発表 ~15周年記念イベントにてシリーズ最新作の発売および シリーズ全世界累計販売本数7,000万本突破を発表~

PR TIMES / 2013年5月16日 15時52分



 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントは、2013年5月15日(現地時間)、イギリスのシルバーストーン・サーキットで開催された「グランツーリスモ」15周年記念イベントにおいて、「プレイステーション3」(PS3(R))専用ソフトウェア『グランツーリスモ6』(以下『GT6』)が2013年冬の発売を目標に現在開発中であることを発表しました。「グランツーリスモ」シリーズはこれまでに全世界で累計7,000万本*1を販売*2しています。


 PS3(R)向けに発売される『GT6』では「リアルドライビングシミュレーター」としての基本的なポテンシャルを高めるためのコア・システムの刷新が計られています。コンパクトで高速な新しいゲームエンジン、新しい物理シミュレーションエンジンによって、レスポンスのいい快適なゲーム体験が可能になるほか、将来のシステム拡張のための柔軟性が向上すると共に、コミュニティ機能を最大限に生かすためにスマートフォンやタブレットといったマルチ・デバイスへの展開を可能にします。


 2010年の発売以降、累計販売*2本数1,000万本*1を突破した『グランツーリスモ5』の全車種、全コースは引き続き『GT6』にも収録されます。これに新しいヒストリックカー、ロードカーや最新のレースカーが加わり、発売時の収録車種は1,200台を超えます。さらに発売以降も新しいクルマが継続的にオンラインで提供される予定です。また、ほぼ全ての車種に向けて合計数千種類のエアロパーツやカスタムホイールも提供され、ユーザーの皆様はかつてないレベルで自由なカスタマイズを楽しめるようになります。


 『GT6』ではイギリスのシルバーストーン・サーキットを含む合計7つのロケーションが新たに追加され、合計33ロケーションが収録されます。合計71種類にもなる収録レイアウトのうち、19種類が初収録となります。また、クルマ同様に発売以降も新しいコースがオンラインで提供される予定です。グレードアップしたコースメーカー機能では、スペインのアンダルシア地方をはじめとする数10km四方の広大な景観の中で自在にコースを生成できるようになります。


 「グランツーリスモ」がこれまで行なってきた数々のパートナー企業との革新的なコラボレーションは、『GT6』で更に幅を広げます。発売に向け、リアルとバーチャルを融合するような新しいプロジェクトを発表していきます。まずは2008年以降、日産自動車株式会社と共にドライバー発掘を続けてきたGTアカデミー。今回の15周年記念イベントにおいて、過去最大規模のGTアカデミーが今年も開催され、7月にリリースされる『GT6』体験版を通じて予選が行われることが発表されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング