GDO、ゴルフギアのアワード「HOT LIST JAPAN」受賞クラブを発表

PR TIMES / 2014年4月2日 11時50分

~ゴルフ用品のレーティング情報をGDOが提供~

1.市販ゴルフクラブの中から優秀なギアを選定する「HOT LIST JAPAN 2014」を発表
2.「HOT LIST」とは、米国「Golf Digest」誌が2004年から実施しているゴルフギアのレーティング企画
3.「HOT LIST JAPAN」はGDOが上記評価軸を基準に、期間内に日本で発売されている最新のギアが対象
4.内容はゴルフギアの有識者や一般アマチュアゴルファーによる試打評価、
 第三者機関によるクラブとヘッド計測による評価を総合したもの
5.最終的に市販クラブに“ゴールド”、“シルバー”の評価を決定する



インターネットで、ゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する、
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、
市販ゴルフクラブの中から優秀なギアを選定する「HOT LIST JAPAN」
http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/hotlist/2014/
を4月2日より公開いたしました。
「HOT LIST」とは、米国「Golf Digest」誌が2004年から実施しているゴルフギアのレーティング企画で、
同誌が30万ドル以上(2012年度実績)のコストをかけ、100年を超えるゴルフ業界での経験をもとに、
ゴルフギアの有識者や一般アマチュアゴルファーによる試打評価、第三者機関によるクラブとヘッド計測による評価を総合して、
市販クラブに“ゴールド”、“シルバー”の評価を決定いたします。
「HOT LIST JAPAN」はGDOが上記評価軸を基準に、期間内に日本で発売されている最新のギアを対象に評価を行うものです。


■「HOT LIST日本版」評価項目について
評価項目については米国「Golf Digest」誌の選考基準に準じており、審査方法は
1.機能性、2.革新性、3.見た目・音・打感、4.需要 の4項目。
ゴルフクラブの有識者と一般アマチュアによる試打テストや、ゴルフクラブのヘッド重心距離、慣性モーメントを計測し、
物理的な角度からクラブ性能を総合的に評価し、“ゴールド”、“シルバー”の評価を決定いたします。


■クラブ選考対象カテゴリー・期間について
2013年4月~2014年4月の間に、一定量の本数を日本国内のゴルフショップで販売するゴルフクラブが対象となります。
ジャンルは、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パターの6部門。
『HOT LIST JAPAN』では2014年度から選考クラブを細分化し、
ドライバーは2種類のカテゴリー(中~上級向け、初~中級向け)、
アイアンは3種類のカテゴリー(上級向け、中~上級級向け、初~中級向け)、
パターは2種類のカテゴリー(ブレード型、マレット型)に分けて評価を行っております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング