美白ケア最前線

PR TIMES / 2014年7月1日 10時54分

美白ケア化粧品に何が求められているのか

化粧品OEM:オリジナル化粧品受託製造(化粧品OEMメーカー)シーエスラボが、
女性の美白ケアの最前線に迫った。
美白ケアに励む女性がなぜ多いのか、美白ケア化粧品に何が求められているのか。
その実態を浮き彫りにしている。



☆:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,*:,..,:*:,:*:,..★

美白ケア最前線

★*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,....*:,..,:*:*:,..☆

1. しみは永遠の悩み!?

白い肌、透明感のある肌。美白は女性の永遠のテーマだ。
化粧品やヘアケア、健康補助食品等の通信販売を行っているN社の調べによれば、女性は、年代にかかわらず
しみやそばかすに悩んでいることがわかった。

「自身の肌について特に悩んでいること」を尋ねたこの調査では、「しみ/そばかす」を挙げた人が
最も多く26.5%に達し、「たるみ/シワ」(26.1%)、「毛穴」(16.0%)が続く。年齢があがるにつれ、
「たるみ/シワ」を挙げる人が増える傾向にはあるものの、しみやそばかすの少ない肌はどの年代の
女性にとっても憧れの肌となっている。

大手ポータルサイトY社の昨年の調べでも同様の結果が出ている。
女性が夏に目指している肌の1位は「透き通るような透明白肌」(52.4%)。
現在、肌で気になっていることの第1位は「しみ」で69.9%。これは、2位の「くすみ」(50.5%)を抑えて
ダントツの1位だ。

毎日、鏡を見るたびに、自分の肌に浮かぶしみに悩まされているという女性は少なくない。
しみは女性にとっては憎き敵であり、永遠の悩みといえそうだ。
女性にとっては美白ケアとはしみ対策と言い換えてもいいだろう。


2. 美白といえば化粧水


では、女性たちはどのように美白ケアに取り組んでいるのだろうか。
前項で紹介したY社のアンケートでは、美白ケアの内容についても尋ねている。
その結果によれば、「何もしていない」が29%を占めているものの、
「毎日美白ケアをしている」と答えた人が24.3%に達していた。
「週に4~5日」は11.7%。
全体の3分の2の女性は何らかの美白ケアに取り組んでいることがわかる。

美白ケアの中身についても見てみよう。
同調査でもっとも多く挙がったのが「美白化粧水」であり、58.9%という結果だった。
2位の「美白乳液・クリーム」の37%や「美白美容液」の34.2%とくらべても、圧倒的に化粧水が優勢だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング