アルテラ、最初の SoC デバイスを出荷開始

PR TIMES / 2012年12月13日 9時43分



●アルテラの SoC デバイス、システム開発者の性能および信頼性要件を満たす機能セットを提供

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長: ジョン・デイナ、日本法人: 東京都新宿区、代表取締役社長: 日隈 寛和、NASDAQ: ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間12月12日、デュアルコア ARM(TM) Cortex(TM)-A9 プロセッサ・システムと FPGA ロジックを単一のデバイス上に統合した「28nm SoC デバイス」の最初の製品を出荷開始したことを発表いたしました。

アルテラの SoC デバイスは、多くの独自機能を有しており、ワイヤレス通信、産業、ビデオ・ネットワークカメラ、車載、および医療機器市場の開発者向けに、システム消費電力、ボード・スペース、性能、およびコスト要件に最適化されたカスタム SoC デバイス・バリエーションを開発できるようにします。アルテラが最初に出荷する SoC デバイスは、低消費電力、低コストの Cyclone(R) V SoC FPGA です。アルテラは、『ARM Technology Symposium Europe』において、同社の SoC デバイスのデモンストレーションを実施いたします。アルテラは、組み込みシステム全般にわたりデータ・インテグリティを改善する 32 ビット・エラー・コレクション・コーディング(ECC)サポートを備えた、SoC デバイスを出荷する唯一の FPGA ベンダです。ECC サポートは、高性能かつ信頼性に優れたシステムを運用しなければならないお客様企業が必要としている機能です。ECC 機能は、SoC デバイスの外部 DRAM メモリ・インタフェース、L2 キャッシュ、スクラッチ RAM、イーサネット MAC、USB ポート、フラッシュ・メモリ・インタフェースなどの、広範なオンチップ・メモリ・インタフェース、およびペリフェラル・インタフェースに内蔵されています。

また、アルテラの SoC デバイス・ファミリが備える独自機能には、全 SoC デバイスに共通するメモリ保護機能内蔵の高帯域幅メモリ・コントローラ、柔軟性に優れたブート機能、および統合された PCI Express(TM) などもあります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング