ザイリンクス、IDF13で業界初の 80Gbps NICと、QPI を介して新プロセッサ Xeon に接続する FPGA インターフェイスを展示

PR TIMES / 2013年9月11日 18時17分

ザイリンクスのSmartCORE IPをベースとする80GbpsトラフィックマネジャーNICとQPIインターフェイス という二つのソリューションにより、パフォーマンスとレイテンシを大幅に改善

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDQ : XLNX) は9 月 10 日 (米国時間)、IDF 2013 (ブース 805) において、業界初となるFPGA をベースとし TM (トラフィック マネジャー) を統合した 80Gbps NIC ソリューションと、インテル QuickPath インターコネクト(QPI) プロトコルによってインテル社の新プロセッサである Intel(R) Xeon(R) E5-2600 v2 に接続した FPGA のインプリメンテーションをデモンストレーションする。これらの技術的デモンストレーションは、ザイリンクスの All Programmable デバイスと SmartCORE(TM) IP をベースとしている。これらはハイパフォーマンスなコンピューティング プラットフォームや機器の開発を可能とするテクノロジで、最高のスループットと最も低いレイテンシを極めて低消費電力で達成できるため、次世代の「よりスマート」なデータ センターに求められる消費電力削減ニーズに応えることができる。


ザイリンクスの有線コミュニケーション担当 バイスプレジデントであるハマントデュラ (Hemant Dhulla) は、「ハイ パフォーマンスで低レイテンシの優れたハードウェア オプションは、今後も需要があるでしょう。IT やデータ センターの設備担当チームは、リソースの制限やコストの増加、ネットワーク トラフィックの急拡大、企業やデータ センターからの処理能力拡大への厳しい要求といった課題と格闘しているからです。企業やデータ センターが抱える制約はますます大きくなっており、ザイリンクスの All Programmable ソリューションは、そうした課題への対応策を見つけ出す上で役立っているのです」と述べている。


インテル社の ジェネラルマネージャである ステファン プライス(Stephen Price) 氏は、「ザイリンクスの All Programmable デバイスとわが社のプロセッサの組み合わせは、I/O の拡張やアプリケーションの高速化を必要としているユーザーに、低レイテンシで実現できるソリューションを提供してします。ザイリンクスが提供するこのテクノロジにより、わが社の顧客が IT インフラストラクチャを直感的に管理できるプラットフォームを開発することを支援することができます。このプラットフォームは高度なインテリジェンスを備えているため、最も高度な最適化が可能であり、既存のインフラストラクチャに簡単に統合でき、より優れた IT/データ センター ソリューションを顧客に提供することが可能になります」と述べている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング