個人向けに「データサイエンティスト入門研修」を提供開始

PR TIMES / 2013年8月30日 12時49分

~本日より、「SQLによる集計・分析」講座の受付をスタート~

データ分析および関連サービスを提供する株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野 隆史、以下ブレインパッド)は、本年8月6日よりデータサイエンティスト育成分野での教育ビジネスに参入し、企業におけるビッグデータ分析組織の導入を支援する「データサイエンティスト入門研修」を開発、団体向けに提供を開始いたしました。このたび、本研修を「データサイエンティスト」を目指す個人の方にも広く提供し、分析・データ活用を行うために必要なコアスキルの形成を支援していくことを発表いたします。まずは、本日より「SQLによる集計・分析」講座の申し込み受付を開始し、順次サービスを提供してまいります。



 本研修は、ブレインパッドが創業来10年近くにわたり、金融、メーカー、流通・小売、サービスなど幅広い業種にわたるクライアント企業に提供してきた分析サービスのノウハウと、社内向けに実施してきた人材育成プログラムを体系化したものです。ブレインパッドのノウハウと実績を踏まえた実践的な研修プログラムを受講することで、データサイエンティストに必要なコアスキルを効率的に身につけることが可能です。


■「SQLによる集計・分析」講座の特徴
【ポイント1】ビジネス上の課題解決を視野に入れたカリキュラム構成
 ビジネス課題の解決に必要なデータ分析のアプローチについて、例を上げて平易に解説


【ポイント2】データ分析の視点で作成されたSQL演習問題
 実際の業務での活用を想定し、分析でよく使われる指標やKPIを用いた演習問題を利用


【ポイント3】実務形式のケーススタディ
 総合演習では、受講生が新規事業担当者になった想定で、データ分析に基づく改善提案を作成、プレゼンテーションを実施


■「SQLによる集計・分析」講座のカリキュラム
本講座のカリキュラムは以下の通りです。


■「SQLによる集計・分析」講座の想定受講者と受講後の目指す姿(一例)
本講座の想定受講者は以下の通りです。
・分析に基づく意思決定が出来るための基礎的能力を身につけたい方
・自社に蓄積されたデータを集計・分析できるようになりたいマーケティング担当者の方
・データ分析の概要や設計を理解できるようになりたいエンジニア、システム担当者の方

受講後の目指す姿としては、以下を想定しております。
・ビジネス課題解決のための分析設計(集計軸の設計)ができる。
・自社のデータベース上のデータを活用して、RFM等の基礎的な分析ができる。
・Excelで扱えないような大量データを、SQLを用いてハンドリングができる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング