デノン ネットワークオーディオシステム CEOL N9発売

PR TIMES / 2014年11月4日 12時16分

Bluetooth & NFCに対応したネットワークCDレシーバー「CEOLシリーズ」の最新モデル

デノンは、CEOLシリーズのネットワークCDレシーバー「RCD-N9」とスピーカーシステム「SC-N9」を11月下旬に発売いたします。



CEOLシリーズは、従来のオーディオ機器とは一線を画すミニマルなデザインと使いやすさを兼ね備えたオーディオシステムです。

RCD-N9は、CDやFM/AMラジオからネットワークオーディオやインターネットラジオまで、幅広い音楽ソースを楽しめるオールインワン・ネットワークCDレシーバーです。新たにiOSデバイスやAndroidスマートフォンなどからワイヤレスで音楽が楽しめるBluetooth機能を搭載。NFC機能にも対応しているため、ワンタッチでペアリングや接続ができます。ネットワークオーディオ機能は対応ファイルフォーマットを拡充し、AIFF(192 kHz / 24bit)、Apple Lossless(96 kHz / 24 bit)ファイルの再生に対応。FALC、WAV、AIFF、Apple Losslessファイルのギャップレス再生にも対応しています。Wi-Fi機能は新たにIEEE 802.11n規格に対応し、従来よりも高速で安定した通信が可能になりました。

デノンがHi-Fiコンポーネントで培ってきたシンプル&ストレート思想を徹底し、さらなる音質向上を図りました。最新の高音質デジタルアンプモジュール、専用設計のOFCインダクターを採用。さらに基板上の電源ラインをより太く、短くすることによりハイスピードでロスのない電源供給を実現。信号ラインは左右チャンネルを対称にレイアウトし、最短化。チャンネル間の音質差を極小化し、明確な定位と安定した空間表現を実現しました。

SC-N9は2cmバランスドームツイーターと12cmペーパーコーンウーハーによる2ウェイ・バスレフ型スピーカーです。スピーカーユニットの刷新と木製キャビネットの高剛性化によって、より透明感のサウンドを実現しました。RCD-N9には、出力信号の特性をSC-N9に最適化するフィルターが搭載されており、セットで使用することでSC-N9のパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。


デノンについて

2010年10月1日に100周年を迎えたデノンは、日本初のレコード・蓄音器製造会社、および日本初の業務用
録音機器製造会社を起源とするプレミアムオーディオブランドです。世界初のデジタルPCMレコーダーを実用化
するなど、革新的な技術力と開発力は、世界中から高い評価を得ています。2001年からはその呼称を
「デンオン」から「デノン」に統一し、グローバルブランドとしてさらにその活躍の場を広げています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング