年収299万円以下の26.3%が「死活問題だ」

PR TIMES / 2014年1月23日 15時45分

~ネットリサーチDIMSDRIVE 「消費税率引き上げ」に関する調査結果を発表

●年収299万円以下の26.3%が 「死活問題」
●価格表示は 「税込総額派」が6割。 「本体価格派」は13.3%

2014年4月より、消費税の税率が5%→8%へ上がります。
消費者は生活への影響についてどのように考えているのでしょうか。

インターワイヤード株式会社(東京都品川区、代表:斉藤義弘)が運営する
ネットリサーチのDIMSDRIVE(ディムスドライブ)では、「消費税率アップ」についてアンケートを行い、
買い物の見直しや生活への影響、価格表示方法などについてまとめました。

2013年12月12日~27日にかけて実施。
DIMSDRIVEモニター7,275人から回答を得ています。

<結果詳細>
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2014/140123



-------------------------------------------------------------
■■引き上げられた消費税、用途を知っている人は半数以下■■

消費税率の引き上げについて、
引き上げ後の税率&引き上げ時期の両方を知っていた人は93.5%に上り、ほとんどの人が知っていた。
しかし一方で、”引き上げられた分の消費税の用途”については、
「明確に知っている」人は9.0%、「おおまかには知っている」人は37.7%と、
『ある程度以上知っている』割合は46.7%にとどまり、半数以下であった。

消費税が8%に引き上げられることはよく知られているが、
その“理由”や“用途”は半数程度にしか周知されていないという結果であった。


-------------------------------------------------------------
■■半数は支出を制限、「家計を引き締め、税率アップ分の支出が増えないように」■■

税率が8%にアップする事による”支出”について、”支出増”にするか、”節約”するかの方針については、
「今まで通りに消費し、税率アップ分は支出増加」と回答した人は22.4%と2割であった。

一方で「家計を引き締め、税率アップ分の支出が増えないようにする」と回答した人は56.2%と半数以上である。

税率アップをした分、税収が増える事が期待されているが、多くの人は支出を制限してしまうようである。

<世帯年収別>
年収が少ないほど、「家計を引き締める」割合が高い傾向にあり、
最も年収が少ない層の【299万円以下】では62.7%が「引き締める」と回答した。
「支出増加」は15.4%と1割台である。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング