TP-Link、Wi-Fi6対応 新世代無線LANアダプター 「Archer TX3000E」 10月31日(木)より販売開始

PR TIMES / 2019年10月17日 17時5分

~新規格Wi-Fi6にアップグレードで3倍の通信速度を実現~

無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1のシェアを誇るTP-Linkの日本支社である、ティーピーリンクジャパン株式会社(所在:港区西新橋/代表:李 超毅、以下TP-Link)は、 Wi-Fi6(IEEE802.11ax)テクノロジー対応アダプター「Archer TX3000E」を2019年10月31日(木)に日本国内向けに発売します。



「Archer TX3000E」は、Wi-Fi6テクノロジー対応ルーターをWi-Fi6テクノロジー未対応のパソコンで使用されている方に向けて、買い替えなく、新規格のWi-Fiを利用することを可能にします。また、最新セキュリティ規格WPA3に対応し、セキュリティ面の強化や特製ヒートシンクや金メッキによる強固な造りを実現し、ソフト面、ハード面ともに製品スペックを向上させることに成功しました。加えて、同一規格の他社製品と比べ、半額程度と高いコストパフォーマンスを実現しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23744/76/resize/d23744-76-413806-5.jpg ]

※業界最長クラスの3年間保証付き

■ Wi-Fi 6 Bluetooth 5.0 PCIe アダプター 「Archer TX3000E」 (想定販売価格 税抜5,270円)
<製品情報>
・ワイヤレス規格:IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz IEEE 802.11ax/n/g/b 2.4 GHz
・アンテナ:外部アンテナ×2
・データ帯域:5 GHz: 2402 Mbps(802.11ax) 2.4 GHz: 574 Mbps(802.11ax)
・寸法(幅×奥行き×高さ) : 95.2 × 120.8 × 21.5 mm /重さ:0.26kg(付属製品込)

<製品スペック>
・超高速Wi-Fiスピード: 2402 Mbps (5 GHz) + 574 Mbps (2.4 GHz)という超高速のWi-Fiスピードを実現。
・インテル(R) Wi-Fi 6 AX200 モジュール搭載:高い信頼を誇るインテル製モジュールによって、Wi-Fi6ルーターの実力をさらに引き出すことに成功。
・可動式外部アンテナ:可動式の2本の外部アンテナで、信号の受信可能範囲が大幅アップ。
・超低遅延が実現するスムーズなエクスペリエンス:高い技術力により、平均待ち時間を最大75%軽減。
・Bluetooth5.0対応:Bluetooth4.2と比べて、 2倍の通信速度の向上、4倍の利用可能範囲の拡張を実現。
・WPA3対応:最新のWi-Fiセキュリティ規格WPA3に対応し、セキュリティ面も進化。
・特製ヒートシンクと金メッキによる精巧な造り:排熱や酸化のことを考慮した素材や造りで安定性と動作性を向上。
・安心の下位互換性:広く使用されている802.11ac/a/b/g/n規格との互換性もあり、高いカスタマイズ性を実現。
・アンテナ底面にマグネット付き

【「Archer TX3000E」の特徴】
■ 新規格のWi-Fi6へアップグレード
●旧規格と比較して、3倍の通信スピードを実現
「Archer TX3000E」は、160MHzに対応したWi-Fi6ルーターとパソコンを接続することで、Wi-Fi5と比べて約3倍のWi-Fiスピードを実現しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23744/76/resize/d23744-76-798655-3.jpg ]

●通信の待ち時間を最大75%低下
Wi-Fi6のインテル(R)のシミュレーションデータでは、 9つのクライアントを使用したOFDMAの有無にかかわらず、平均待ち時間を最大75%低下させ、スムーズなインターネット通信を可能にします。 *1
*1 最大無線信号速度は、IEEE 802.11規格の仕様から算出される物理速度です。 実際のワイヤレスデータ、スループットとワイヤレスカバレッジは、建築材料、物理的障害などの環境要因や近隣からの電波干渉、トラフィック量と密度、製品の設置場所、 ネットワークの複雑さ、ネットワークのオーバーヘッドや、定格性能、場所、接続品質、AP条件などのAP側の制限によって左右される為、保証されるものではありません。

●より高いセキュリティレベルを実現
「Archer TX3000E」は、最新のWi-Fiセキュリティ規格WPA3 ™に対応し、パスワードの安全性をより強化しました。*2
*2 WPA3TMを使用するにはアクセスポイント側も同様に対応している必要があります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/23744/76/resize/d23744-76-477583-2.jpg ]

■ 1024-QAM・MU-MIMO対応
「Archer TX3000E」は、1024-QAMとMU-MIMOに対応しており、高速でスムーズなWi-Fiを受信できるので、接続したパソコンは最新の規格で、高品質のWi-Fi通信を行うことが可能です。 *3
*3 1024-QAM、 MU-MIMOなどの機能を使用するには、アクセスポイント側も対応している必要があります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/23744/76/resize/d23744-76-578601-6.jpg ]

■ Wi-Fi受信可能範囲が大幅アップ


2本の可動式外部アンテナによって信号の受信可能範囲が拡大しました。また、アンテナを載せたベースを移動させることでWi-Fiの信号を受信できる最適な場所で子機を利用できます。


■ Bluetooth5.0対応

[画像5: https://prtimes.jp/i/23744/76/resize/d23744-76-950206-4.jpg ]

「Archer TX3000E」は、Bluetooth4.2と比べて通信速度が2倍、飛距離が4倍に進化した最新のBluetooth5.0に対応しており、より快適なインターネットライフをお届けします。 *4
*4 Archer TX3000Eの機能は、一部のコンピューティングシステムおよびプラットフォームで制限される場合があります。機能の互換性のためにデバイスのドライバーを更新してください。

■ インテル(R) テクノロジーを搭載
高い信頼と性能を誇るインテル(R) テクノロジーを搭載することで、Wi-Fi6ルーターの持つポテンシャルを最大限引き出すことができます。

■ 頑丈かつ精巧な造りで耐久性を向上
「Archer TX3000E」は、特殊なヒートシンクで構築されています。また、酸化を防ぐために全てのコンタクタに金メッキを施すなど安定性と信頼性を向上させるために、細部までこだわっており、安心して長くご利用いただけます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/23744/76/resize/d23744-76-327440-7.jpg ]


■ ロープロファイルブラケット付属
「Archer TX3000E」は、フルハイトブラケットに加えて、ミニタワーコンピューターケース用のロープロファイルブラケットも付属しており、ご利用中のパソコンに合わせてご利用いただけます。
<おすすめWi-Fi 6対応ルーター>
・Archer AX6000(2019年10月17日発売)
・Archer AX11000(2019年10月31日発売予定)
・Archer AX50(2019年10月31日発売予定)

【世界No.1シェア!高品質無線LANルーターのTP-Link】
TP-Linkは、世界170か国以上で10億人以上のエンドユーザーにネットワーク製品を提供している、世界No.1プロバイダーで、無線LAN機器の世界シェアは42%を誇ります。また、2018年には8年連続で世界No.1無線LAN機器プロバイダーを獲得しました。*5 現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本など、世界42か所に現地法人を構えています。
*5 2018年第3四半期IDC調べ

徹底した研究開発、効率的な生産体制、そして厳しい品質管理によって、TP-Linkはネットワーキング製品の分野において、多くの賞を受賞しています。また各国の技適マークを取得しており*6、高性能で安心してご利用いただける製品を提供しています。
*6 TELEC、CE、FCC取得済み、RoHS指令対応

【会社概要】
社名 :ティーピーリンクジャパン株式会社(英語名:TP-LINK JAPAN INC.)
代表 :李 超毅
所在地 :東京都港区西新橋2丁目9-1 PMO 西新橋8F
コーポレートサイト : http://www.tp-link.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング