テュフズードジャパン、IoT機器のセキュリティ評価サービスを開始

PR TIMES / 2020年6月24日 13時40分

6/29(月) IoT機器セキュリティセミナー開催のお知らせ(無料・オンライン)

国際的な第三者認証機関であるテュフズードの日本法人テュフズードジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ディーター・エッカート)は、2020年6月より、電気通信事業用のセキュリティ要件対象外のIoT機器を対象とした評価サービスの提供を開始します。また2020年6月29日(月)に「IoT機器セキュリティセミナー(無料・オンライン)」を開催します。



あらゆる「モノ」がネットワークにつながるIoT時代が本格的に広まると同時に、IoT機器のセキュリティ対策の法制化も進んでおり、2020年4月1日からはセキュリティ要件が追加された電気通信事業法が施行されました。テュフズードジャパンは総務省から電気通信事業法に基づく登録認定機関として登録を受けており、端末機器の試験・認証サービス等を提供しています(図)。

現在、電気通信事業法のセキュリティ要件が適用されるIoT機器は、監視カメラやルータなど、直接公衆回線(インターネット回線)に接続する機器が対象です。その一方で、電気通信事業法のセキュリティ要件の適用外にあたるIoT機器が近年急激に増加しています。このようなIoTサービスの多様化は、サイバーリスクを高めていることを同時に意味します。

そこでテュフズードジャパンは、電気通信事業法のセキュリティ要件の対象ではない製品(スマートメーター、IoT家電、各種センサー など)へのセキュリティニーズに応え、「IoT機器のセキュリティ評価サービス」を2020年6月より提供開始しました。本サービスは登録認定機関の機器評価プロセスに基づいて評価を行うため、機器のセキュリティレベル診断としても利用できます。また、テュフズードジャパンが発行するセキュリティ評価レポートは第三者評価結果となり、電気通信事業法と同等のセキュリティレベルであることを証明する手段の一つとして活用が可能です。

また2020年6月29日(月)には、「IoT機器セキュリティセミナー」をオンラインで開催します。本セミナーでは電気通信設備の技術基準の解説(総務省)に加え、認証審査サービス(テュフズード)、認証支援サービス(日本電気)について紹介します。詳細は以下のリンクをご参照ください。

[画像: https://prtimes.jp/i/17062/77/resize/d17062-77-983872-0.jpg ]


IoT機器セキュリティセミナーの詳細・お申込みはこちら
https://www.tuvsud.com/ja-jp/events/iot-security-seminar-202006

テュフズードジャパンのIoT機器のセキュリティ関連サービスはこちら
https://www.tuvsud.com/ja-jp/services/cyber-security/iot-device-security-evaluation-service


Add value. Inspire trust. ―新たな価値、さらなる信頼
テュフズードは、安全、安心、かつ持続可能なソリューションを提供し、信頼されるパートナーであり続けています。試験、検査、認証、そして監査を専門とし、人々や環境、財産をテクノロジーのリスクから守るという理念のもと1866年以来取り組み続けています。全世界に1,000以上の拠点を置き、24,000以上の従業員と共に活動し、リスク管理や市場へのアクセスを円滑にするという価値をお客様やパートナーに提供しています。テクノロジーの進歩によりもたらされる変化を手助けし、自然界・デジタル界においてより安全かつ持続可能な未来を創造するため、テュフズードはこれからも信頼を提供し続けます。 https://www.tuvsud.com/ja-jp

Media Relations:

[表: https://prtimes.jp/data/corp/17062/table/77_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング