【スケジュール管理に関するアンケート調査】プライベートの予定を管理している人は8割強。現在利用・意向ともに「手帳・スケジュール帳」が最多

PR TIMES / 2014年2月7日 9時32分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『スケジュール管理』に関してインターネット調査を実施し、2014年1月1日~5日に10,543件の回答を集めました。第2回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18618/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■プライベートの予定を管理している人は8割強。現在利用・意向とも「手帳・スケジュール帳」が最も多く、「カレンダー」「スマートフォン」「パソコン」「携帯電話」が続く
■デジタル端末でのスケジュール管理者は全体の4割強。そのうち、「パソコンや携帯電話に付属のカレンダー機能」が最も多く、「Webカレンダー」「スケジュール管理アプリ」などが上位
───────────────────────────────────────────



◆プライベートの予定管理ツール、手帳・スケジュール帳で管理する理由
プライベートの予定を管理している人は8割強です。男性40代以下では、「プライベートのスケジュール管理はしていない」が各3割前後みられます。「手帳・スケジュール帳」(48.0%)を利用している人が最も多く、次いで「カレンダー」(31.6%)、以下「スマートフォン」「パソコン」「携帯電話」が各1~2割で続きます。男性30代以下や女性10・20代では「スマートフォン」が「手帳・スケジュール帳」に次いで多くなっています。「パソコン」は男性高年代層で多い傾向です。

手帳・スケジュール帳で管理している人に、利用理由を聞いたところ、「すぐ記入できる」「一覧で見られる」「見たいときにすぐ見られる」が各5~6割で上位となっています。「手書きで記入したい」は若年層ほど多い傾向です。


◆デジタル端末での予定管理ツール、選定時の重視点
パソコンや携帯電話などのデジタル端末で、プライベートの予定を管理している人は全体の4割強です。「パソコンや携帯電話に付属のカレンダー機能」が38.8%で最も多く、「Webカレンダー」「スケジュール管理アプリ(クラウド版)」「スケジュール管理アプリ(クラウド版以外)」の順で続きます。『スマートフォン』『タブレット端末』主利用者では「スケジュール管理アプリ(クラウド版)」、『パソコン』主利用者では「Webカレンダー」「エクセルなどのofficeツール」、『携帯電話』主利用者では「パソコンや携帯電話に付属のカレンダー機能」が多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング