新企画、和牛追っ掛けレポート&販売【センチョク】~新鮮直送卸~、信州プレミアム牛・サーロインを特価販売

PR TIMES / 2020年10月20日 13時15分

生鮮卸業者が集結した生鮮ECサイトが新生活様式に合わせた楽しみを提案

株式会社フードサプライ(東京都大田区:代表取締役:竹川 敦史、以下:フードサプライ)は同社が運営・出店するオンラインモール、『センチョク』~新鮮直送卸~において、卸業者ならではの新生活様式の楽しみを提案すべく、10月22日(木) 9:30よりオンライン上で信州プレミアム牛の牧場~卸売~・解体と実演販売をYoutube配信してリアルタイムでのオンライン特売をします。出品は、プライムミート株式会社(神奈川県川崎市:代表取締役:黒柳 英男)。
URL https://senchoku.com




[画像1: https://prtimes.jp/i/55809/81/resize/d55809-81-775808-1.jpg ]


■展開背景
コロナウイルスによる外出を控える動向が続く中、「新生活様式」が求められている。
外出自粛において、市場も新鮮な食材を求める一般の方の来場が減り、消費者もまた外出してこそ楽しめるイベント・企画が制限される中、卸業者自らサイト運営も手掛けるセンチョクとして、消費者に対しオンライン上で楽しめる企画を検討して『本マグロ解体レポート&販売』を8・9月に開催したところ、予想以上の反響で予定数量が即売、急遽追加用意して解体した分も翌日には全て完売となり、マグロ以外の企画も是非という声を多く頂いた事から、和牛についても同様の企画を開催する運びとなった。
切り落とした和牛は、その場で急速冷凍を施し、オンライン上で申し込んだセンチョク利用者へのもとへお届けする。
[画像2: https://prtimes.jp/i/55809/81/resize/d55809-81-794086-0.jpg ]


■企画概要
10月22日(木)9:30より、センチョクのサイト内に用意する特設コーナーにて切り落とし実演配信。今回は事前に牧場に行き、1頭にフォーカスを当て、競り落とされて現場に届くシーンも配信。
同日10:00時より、実演した和牛・サーロインを数量限定にて特売。
ライブ配信は約15分間の予定。
同日夕方以降も配信・翌日以降はダイジェスト編として配信する。

■センチョク~新鮮直送卸~販売の特徴について
・生産者、卸業者、物流業者の活性化・普段買えない市場・卸拠点からの直送便
・豊洲市場に当日並んでいるものが当日届く(通販では初)
・卸業者から直接仕入れるので、新鮮な生鮮食品を気軽に購入できる
・インターネットショッピングの為、非接触で気軽に購入できる
・仕分けから配送まで自社管理しており、顧客対応・衛生管理が徹底している
・有名店の商品が自宅で気軽に楽しめる
・ミシュランガイド掲載店にも卸している商品が家庭に届く
・美味しく珍しいものがご自宅で楽しめることで家族に笑顔の輪が広がる

■今後の展開・物流戦略
5月に立ち上げ後、8月までに23区全域・川崎市全域・横浜市一部に対象エリアを拡大。
先ずは、首都圏中心部の消費者の方々にご満足頂けるよう進めていく。
当サービスは4社の自社物流を相互利用する事により、ECが増加し続ける事による近年の物流の課題、
『ラストワンマイル』についても対応している。また、自社物流を使用する事により、同じエリアには同じ配達員が常に伺うため、地域に根差した物流構築を可能としている。

★ センチョク~新鮮直送卸~ とは?
地区限定(現在は23区)で配送料500円(何個頼んでも)という格安な宅配料で宅配当日に市場にあがったこだわりの鮮魚、こだわりのお肉、こだわりの野菜、果物のそれぞれ卸業者が厳選した商品を安心、安全、安価でお届けするサービスである。
また、会員登録不要・都度利用が可能であり、消費者は利用したい時だけ利用出来る利便性も高い。
全国配送、幅広いお客様をターゲットにできるというメリットがあるECを地域限定とすることで圧倒的なクオリティ、コストパフォーマンスで競争力をつける。
エリアを限定して運営させ、青果・肉・魚の外食卸業者で力を合わせクロス物流して、ご家庭に本当に美味しいオススメする食材を届けるオンラインモール。
[画像3: https://prtimes.jp/i/55809/81/resize/d55809-81-419118-3.png ]


【会社概要】
社名:   株式会社フードサプライ
代表:   代表取締役社長 竹川 敦史 (たけかわ あつし)
設立:   2009年4月27
資本金:  8050万円
従業員数: 約200名
本社所在地:東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田6F
事業内容: 業務用野菜の卸売販売
URL: https://www.foodsupply.co.jp/
理念に“YASAI LIFE LINE”というキーワードを用い、自社を「野菜の流通」、「八百屋」ではなく「野菜のライフラインをつくる企業」と定義。東京・千葉に物流センターをかまえ、「流通業を行う企業」ではなく「新しい流通をつくる企業」として「ドライブスルー八百屋」をはじめとした新しいモデルを構築し続けている。
「ドライブスルー八百屋」の取組はこちら  URL: http://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/

【センチョク出店企業】
■山治(やまはる)
[会 社 名] 株式会社山治
[会   長] 山崎 治雄
[代表取締役] 山崎 康弘
[豊洲 本社] 〒135-0061 東京都江東区豊洲6-5-1東京都中央豊洲卸売市場内6街区水産仲卸売場棟
[企業理念]
すべては、お客様の「うまい!」の笑顔のために!築地魚河岸の市場人としての気概を胸に、これから豊洲市場をつくっていく市場人としての心意気を胸に、魚のうまさを伝え、世界の人々に魚の“旨さ”(春夏秋冬の旬)を伝えます。
https://www.yama-haru.jp/

■プライムミート
[会 社 名] 株式会社プライムミート
[代表取締役] 黒柳 英男
[本社所在地] 〒210-0869 神奈川県川崎市東扇島24 C棟 16号
肉の仕入・保管・加工・配送をワンストップで行い、安心で安全なお肉をお客様に最適な付加価値を付けてご提案致します。高品質な食肉加工技術とPB化による店舗オペレーションの簡略化、ニーズに合わせた商品をより安価でご提案など、飲食店様に寄り添い、店舗運営を応援していきます。
生産地と消費地を繋ぐパイプ役となり、生産者様の想いを消費者様にお届けし、日本が世界に誇る和牛や高品質な国産豚肉、国産鶏肉などをご提案していきます。
http://www.primemeat.jp/

■ かいせい物産株式会社
[会 社 名] かいせい物産株式会社
[代表取締役] 宮崎 成
[本社所在地] 〒104-0055東京都中央区豊海町4番5号豊海振興ビル5階
TEL: 03-3533-6121  FAX: 03-3533-6123
http://www.kaiseibussan.com/index.html
テレビでも特集された「ドライブスルー魚屋」を手がける《かいせい物産》
魚介を中心に日本全国から「おいしい」を発掘し、約3000店舗の飲食店様へ卸しております。センチョクではその自慢の食材と同じモノをご家庭へお届けいたします。

《報道関係者様からのお問合せ先》
株式会社フードサプライ
新事業開発本部 向井 昇 (ムカイ ノボル)
TEL:03-3790-8083 (本社直通)
080-7422-1635 (担当者直通)
FAX:03-6368-6449
Mail:mukai@foodsupply.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング