「イノベーションへの目覚ましい貢献」ボッシュ・グループの卓越した技術的リーダーシップを称える ディーゼル・メダルをクリストフ・ボッシュが受賞

PR TIMES / 2013年12月20日 14時1分

・独自の株主構成が真価を発揮
・研究開発に一貫して高水準の投資を実施
・本当の価値をもたらし、人々の生活の質を向上させるイノベーション

シュトゥットガルト/ミュンヘン - クリストフ・ボッシュがボッシュ・グループを代表し、「イノベーションへの目覚ましい貢献」を評価する2013年度のディーゼル・メダルを授与されました。このメダルは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーであるボッシュが、さまざまな分野で卓越した技術的リーダーシップと革新力、さらに優れた創造性を発揮したことを称え、ドイツ発明研究所(Deutsches Institut für Erfindungswesen)から贈られました。授賞式はドイツを代表する科学技術博物館であるミュンヘンのドイツ博物館の記念ホールで開かれ、ドイツ発明研究所のHeiner Pollert所長とディーゼル・メダル評議委員会の委員長を務めるAlexander Wurzer教授からメダルが手渡されました。そしてクリストフ・ボッシュはボッシュの2013年度の「発明者賞(Inventors of the Year)」の受賞者4人とともに、ボッシュ・グループの4万2,000人を超える研究者を代表して賞を受け取りました。

ボッシュは長きにわたるイノベーションの伝統を誇ります。1897年に最初の特許を申請し、1909年には早くも特許とブランド、ライセンスに関する業務を担当する部署を設けました。こうした沿革は広く一般に認められています。クリストフ・ボッシュに対する賛辞の中で、Herbert Diess氏はこう述べました。「ボッシュはドイツの産業界を担う企業のひとつです。また、ドイツの自動車業界にとって、ボッシュは昔も今も画期的な開発の最前線に立つ重要な技術的パートナーでもあります。卓越したイノベーションへの貢献を評価するこのディーゼル・メダルは、ボッシュが長年にわたりトップの座を占めてきたことに対する敬意の表れと言えるでしょう。BMW AGの取締役会メンバーとして開発を担当する私にとって、これは非常に喜ばしいことです」

ボッシュの企業統治が真価を発揮
クリストフ・ボッシュはディーゼル・メダルの授与式でこう述べました。 「ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造はボッシュ・グループの企業としての自立性を保証しています。だからこそ、ボッシュはこの企業形態をベースに長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行えるのです。私たちの研究者が達成したイノベーションが各方面から幅広く注目され、このディーゼル・メダルの受賞につながったことを本当に嬉しく思います」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング