家電量販店での販売を開始 「Livescribe wifi スマートペン」

PR TIMES / 2013年11月1日 12時39分



ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル6F 代表取締役社長:松田 憲幸)は、2013年4月に弊社eSHOPにて発売を開始した「Livescribe wifi スマートペン」を、2013年11月1日(金)に、家電量販店でも販売開始いたします(オープン価格)。

【 発売の経緯について 】
 「Livescribe wifi スマートペン」は、米国カリフォルニアで開発され、日本ではソースネクストより今年4月から販売を開始し、各種メディアでも取り上げられ話題となりました。多くのユーザー様のご要望によりマニュアルを分かりやすく改訂し、これまで弊社eSHOPのみの販売に限定していましたが、本日より家電量販店での販売を開始いたします。「Livescribe wifi スマートペン」が日本の家電量販店で販売されるのは今回が初となります。

【 「Livescribe wifi スマートペン」とは? 】
 Livescribe社の「Livescribe wifi スマートペン」は、専用ノートに書いた文字と会話を同時に記録し、書き込んだ文字をタップすることで書き込んだ時点の音声を再生できる製品です。また、記録された手書き文字と音声は自動的にEvernoteにアップロードされ、パソコン、タブレットPC、スマートフォンなどさまざまなデバイスから参照できます。「Livescribe wifi スマートペン」自体にも約200時間の音声、2万ページ分のノートを保存できる内蔵メモリを搭載しています。
米国で、2012年Laptop Magazine誌のEditor's Choice Awardをはじめ、数々の賞を受賞し、高い評価を受けた本製品を、日本向けにローカライズし、ソースネクストから販売しています。

「Livescribe wifi スマートペン」は「紙」と「デジタル」の両方の利点が活かされており、iPadやAndroidタブレットPCとも抜群の相性を誇ります。紙に書くというアナログの「手軽さ、柔軟さ、正確さ」を残しつつ、デジタルに「保存する、検索する、再生する、共有する」という新しい体験を提供する製品です。

■Evernoteに自動で同期
 本体にはWi-Fi機能が搭載されており、記録した手書きメモ・音声は自動で「Evernote」にアップロードされます。その為、パソコンはもちろんiPhoneやAndroidなどさまざまなデバイスで閲覧できるほか、OCRやタグ付けなど、Evernoteの機能を活用して作ったメモや音声を整理・検索できます。アップロードされたデータは「ペンキャスト(Pencast)」という形で保存され、WebベースのLivescribeプレイヤーを使って再生できます。「ペンキャスト」を使用すればユーザーはノートを最初から再生することも、また、ノート内の特定の文字や図面などをクリックして、特定の場所から音声をプレイバック再生することもできます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング