当社パートナーズFX標準スプレッドを業界最安水準へ縮小決定!

PR TIMES / 2018年9月19日 17時1分

 株式会社 マネーパートナーズ(代表取締役社長:奥山泰全、本社:東京都港区、以下「マネーパートナーズ」)では、マネーパートナーズグループの上場10周年を記念したキャンペーンより継続していた『スプレッド縮小キャンペーン』を終了し、当社パートナーズFXの標準スプレッドを業界最狭水準へ縮小することを決定しましたのでお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/17182/86/resize/d17182-86-367418-4.png ]

※原則固定・例外あり(コアタイム8:00~28:00)(トルコリラ/円・メキシコペソ/円のみ10:00~28:00)

 また、この度の当社パートナーズFX標準スプレッド変更に伴い、9月28日まで実施を予定しておりました『スプレッド縮小キャンペーン』は9月19日(水)5時55分をもって終了とさせていただきました。

マネーパートナーズのパートナーズFXは、PCでのストリーミング注文における約定拒否やスリッページが発生しないため、クリックした価格での約定が自慢の商品です。相場急変時などでも、きちんと約定いたしますので、約定力と業界最安水準のコストでお取引いただけるメリットを併せ持つパートナーズFXをぜひご贔屓下さい。

[画像2: https://prtimes.jp/i/17182/86/resize/d17182-86-257463-1.png ]

【詳細はこちら】
https://www.moneypartners.co.jp/fx/no1.html


【マネーパートナーズとは】
マネーパートナーズは、オンラインでの外国為替証拠金取引の専業会社として初めて上場を果たし※1、昨年で上場10周年を迎えました。その間、インターネットを利用したサービスの簡素化を追求、手数料などの無駄を省き、日本最安コストの外貨両替とチャージ式のカード発行事業を拡大させてまいりました。※2 また、ビットコインをはじめとする仮想通貨への対応を始めており、関東財務局長第00001号として仮想通貨交換業者登録が完了いたしました。

主力商品である外国為替証拠金取引では、1万通貨単位、PCからのストリーミング注文は100%スリッページなしで約定力9年連続No.1の「パートナーズFX」※3と、100通貨単位で初心者向けの「パートナーズFX nano」の、2種類のサービスを提供中です。

また、マネパカードは、ネット上でFX会社のスキームを活かした大変お得なレートで両替ができ、対応する6つの通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)をチャージすることで、世界210以上の国と地域にある、250万台以上のMasterCardマークのあるATMと、3800万店舗以上のMasterCard加盟店にて、おさいふ感覚でご利用いただけるカードです。この他、FXサービスと連携している空港外貨受取サービスでは、両替した外貨の紙幣を、国内主要空港のカウンターで受け取ることも可能です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/17182/86/resize/d17182-86-785537-2.png ]

※1 当社100%親会社のマネーパートナーズグループとして
※2 株式会社矢野経済研究所 2018年7月実施「外貨両替コスト比較調査」
対象:米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン数量1,000通貨以上の調査結果
※3 2017年12月株式会社矢野経済研究所 「FXサービスパフォーマンステスト」において


株式会社マネーパートナーズ
【URL】
https://www.moneypartners.co.jp/
【会社名】
株式会社マネーパートナーズ
【所在地】
東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー33階
【設立】
2008年5月9日
【代表者 】
代表取締役社長 奥山泰全
【事業内容】
金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引、
有価証券関連業務及びこれに付随する一切の業務
外国通貨の売買、売買の媒介、
取次ぎもしくは代理、その他これに付随する業務
金融商品取引業及びこれに付随する業務
資金移動業、商品先物取引業、仮想通貨交換業
【資本金】
31億円(2018年3月31日現在)

[画像4: https://prtimes.jp/i/17182/86/resize/d17182-86-632688-3.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング