Web企画「動画で学ぶ胃がんのすべて」を共催~2020年10月1日より配信開始~

PR TIMES / 2020年10月1日 10時0分

日本胃癌学会×認定NPO法人「希望の会」×がん情報サイト「オンコロ」

日本胃癌学会(理事長 小寺 泰弘)、胃がんの患者・家族会である認定特定非営利活動法人 希望の会(理事長 轟 浩美、以下、希望の会)と、3Hクリニカルトライアル株式会社(東京都豊島区、代表取締役 滝澤 宏隆)が運営する、がん情報サイト「オンコロ」は、場所・時間を問わずWeb上で胃がんの最新情報を届ける動画シリーズ「動画で学ぶ胃がんのすべて」を共催する運びとなりましたので、お知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/13827/87/resize/d13827-87-135627-0.jpg ]

本動画企画は、胃がんと向き合う患者さん、ご家族にむけて、胃がんと科学的根拠のある治療について理解し、納得して、自分らしくがんと向き合うことを支援することを目的として、世界の胃がん治療をリードしてこられた淀川キリスト教病院 外科 特別顧問の笹子 三津留先生に企画監修をいただき、胃がんと向き合うために必要な情報を6テーマの動画にてお届けいたします。各動画は、各領域の第一線でご活躍される医師の講義(50~60分程度)と、質疑(15分程度)により構成され、インターネット環境があれば、場所・時間を問わず、スマホ、タブレット、PCなどから、無料で視聴が可能です。
患者さん、ご家族のほか、ヘルスケアに関わる報道関係、企業の方にもぜひご視聴いただき、ご活用いただけますと幸いです。

<動画で学ぶ胃がんのすべて>
■動画シリーズサイト  https://oncolo.jp/feature/gastric_cancer_video
■配信開始日 2020年10月1日
■内容
[画像2: https://prtimes.jp/i/13827/87/resize/d13827-87-390574-4.jpg ]

※所属・役職はいずれも2020年10月現在
※最新情報は特設サイト( https://oncolo.jp/feature/gastric_cancer_video )にてご確認ください

<日本胃癌学会>  http://www.jgca.jp/
日本胃癌学会は、胃癌に関する基礎的並びに臨床的研究の促進・発展を通じて、社会に貢献することを目的に設立された一般社団法人です。
学術集会の開催、胃癌治療ガイドラインの作成、学会誌Gastric Cancerの発行など各種事業を行っておりますが、「胃癌に関する知識の市民への普及と啓発」も重要な事業として捉えており、今回の企画の趣旨にまさに合致するものです。

<認定特定非営利活動法人 希望の会>  https://npokibounokai.org/
 2015年、スキルス胃がん患者本人であった轟 哲也が設立した患者家族会です。2017年より、認定特定非営利活動法人。2016年、国立がん研究センター他、医師の監修のもと、スキルス胃がんの冊子を作製。胃がんに関する情報発信と、患者家族、遺族のサポートを活動の柱としています。2019年には、全国胃がんキャラバンを開催。さらに、がんへの理解の必要を感じ、一般へのがん啓発にも注力しています。2016年がん対策基本法改正の際には、難治、希少、小児がんへの対策の明記を求め行動するなど、アドボカシー活動にも積極的に取り組んでいます。

<がん情報サイト「オンコロ」>  https://oncolo.jp/
がん情報サイト「オンコロ」は、がんに関する治験・臨床試験を含む最新情報を、患者さん、ご家族、またがん医療に関わる方々に対し発信をしているWebサイトです。
がんの治療の更なる発展を願って、がんの情報が必要な人に、必要な情報を届ける-それがオンコロのミッションです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/13827/87/resize/d13827-87-646310-2.jpg ]

<プログラム監修:笹子 三津留先生からのメッセージ>
  本動画サイトは胃がんと診断され戸惑いと不安の中にいる皆様のためのサイトです。がん情報がインターネットで簡単に手に入る今、情報に振り回されるリスクが大きくなっています。
 検索サイトで胃がんと入れると上位はほとんどが広告と小さく書かれているサイトです。そのようなサイトは、どんな人にも潜む不安や恐怖をついて、「身体に優しい」といったキャッチフレーズで誘ってきます。誰しも苦しさや痛みがない治療の方を好むからです。甘い誘いに乗らず、ご自分の命を守っていただくために、このサイトでは本当に信用できる情報を発信します。
 わが国を代表し、日本胃癌学会のガイドラインの作成にも携わってきた見識・経験豊かな医師達から患者さんにとって、本当に有用な情報だけを発信します。同学会も共催となっております。安心して、信用してください。自分の成果を出したい、世に認められたい、金もうけをしたい、といった思いが隠れているサイトとは全く異なります。なによりも患者さんへの深い理解と愛情に根差しているということをご理解ください。

[画像4: https://prtimes.jp/i/13827/87/resize/d13827-87-900691-3.jpg ]


<司会担当:希望の会 理事長の轟 浩美氏コメント>
「がんを告げられた時、病気、治療のことを理解する情報が乏しく、厳しい状況の中、藁をもすがる思いで世に溢れる情報に溺れてしまった後悔が、希望の会を設立した動機です。胃がんのこと、治療のことを正確に知る機会の大切さを感じています。
この動画が、現在、胃がんと向き合っている患者、ご家族のみなさんはもちろん、ご覧いただいたみなさまの生きる力になることを願っています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング