アクティブモニタースピーカー「S-DJ X Series」4機種を新発売

PR TIMES / 2013年8月8日 17時40分

~ダンスミュージックの再生に最適な迫力ある低音と広がりを実現~



 近年、DJやダンスミュージック制作者のなかで、自宅やホームスタジオでダンスミュージックを高音質で再生するために、モニタースピーカーを使用する方が増えてきています。
 パイオニアは、DJ機器メーカーとしての経験と、長年のスピーカー開発で培ってきた高音質技術を活かし、豊かなベース音やタイトなキック(ドラム)音といった低域での再現性、クリアで広がりのある中高音を実現した、ダンスミュージックの再生に最適なアクティブモニタースピーカー4機種を新発売します。
 再生環境に合わせて選べるサイズを豊富にラインアップするほか、コンパクトな「S-DJ50X」は、ホワイトモデル「S-DJ50X-W」もラインアップしており、お客様の感性やインテリアに合わせて選ぶことができます。


【商品紹介YouTube映像】 http://www.youtube.com/watch?v=YCoQ8WF8G-Q


【主な特長】
1) 強固なエンクロージャーにより、迫力ある低音再生を実現
エンクロージャーとバスレフダクト部に高剛性MDF※1 材を採用したことに加え、ウーファーユニットを極厚MDFインナーバッフル(8インチ:最大33mm厚、6インチ・5インチ:最大30mm厚)に直接取りつけることで、不要な共振を抑制し、迫力ある低音を再生します。

2)「Groove(溝)技術」の採用により、バスレフダクトの空気の流れを最適化
迫力ある低音を前面に出力するフロントバスレフ方式に加え、バスレフダクト部に溝を設けることで空気の流れを整え、低音を前面にスムーズに放射する「Groove(溝)技術」を採用しました。これにより、迫力あるキック音・ベース音の再生が可能です。また、ダクト内部にラウンド加工を施してノイズを低減するなど、細部にわたって低音の再生に適した設計となっています。

3)「DECO※2」技術による凸形状ディフューザーをトゥイーター部へ採用し、広がりのある音を実現
プロスタジオで実績のあるTAD Labs※3社製モニタースピーカー「TAD Pro TSM-2201-LR」の「DECO」技術による凸形状ディフューザーをトゥイーター部へ採用しました。凸形状ディフューザーが中高域の音を左右と上方へ振り分けることで、広いスイートスポットと立体感のある音像を実現します。また、ディフューザー部に、音の広がりをイメージしたアーク(円弧)形状の白色イルミネーションを搭載しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング