【台東区に登場】”余り外貨”問題の解決を目指し、ポケットチェンジを松坂屋上野店に設置

PR TIMES / 2020年11月26日 17時45分

全10通貨(外貨/邦貨)を電子マネーに交換可能なサービス「ポケットチェンジ」を導入

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:青山新、以下 当社)は、外国紙幣・硬貨を電子マネー等に交換できる専用キオスク端末「ポケットチェンジ」を、2020年11月26日より松坂屋上野店へ設置し、サービス提供を開始いたしました。
ポケットチェンジについてはこちら>> https://www.pocket-change.jp/ja/



[画像1: https://prtimes.jp/i/19691/92/resize/d19691-92-402966-4.jpg ]




数兆円規模の”余り外貨”マーケットを解決

 当社は、数兆円規模に上るとみられる余り外貨”マーケット需要取り込みの為、松坂屋上野店にポケットチェンジを導入いたしました。現在、上野エリアでは松坂屋上野店が唯一のポケットチェンジ設置施設となります。
 「海外旅行者の外貨についての意識調査」(ソニー銀行株式会社 調べ http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000214.000000157.html)によると、海外旅行経験者の90%近くが旅行後に外貨が余った経験があり、うち約65%が平均18,000円相当の外貨を持ち帰って保管しています。2019年の日本人の海外旅行者数は約2,000万人、訪日外国人3,100万人です。新型コロナウイルス流行後、海外へ行く機会が減少し、これまで以上に外貨の行き場がない今、持ち帰ったままになっている”余り外貨”問題の解決の為、当社はポケットチェンジ設置拡大を進めます。
 また、台東区は来日観光客に人気の観光地も多く、新型コロナウイルス流行以前は台東区に訪れる来日観光客の地域別割合の上位は中国、台湾、香港、韓国といった東アジア諸国でした。アジア諸国を中心に人気のSNS、WeChatユーザーを対象に行った調査においては「新型コロナウイルス肺炎の終息後に行きたい国」として「日本」と答えた人は44%と高い割合となっており(出典:日本インバウンド・メディア・コンソーシアム(JIMC)調べ(2020年4月))、今後も東アジア諸国からの来日が期待されます。アジア各国の電子マネーに対応しているポケットチェンジにて、訪日中に余った日本円を自国の電子マネーに交換、そのニーズに応えることが出来ます。
ポケットチェンジ導入により、コロナ後の顧客エンゲージメントにも貢献することが出来ます。

ポケットチェンジについて

ポケットチェンジとは現金(外貨/邦貨)を電子マネーにスムーズに交換できるサービスです。専用キオスク端末でかんたんに全10通貨の現金を様々な国の電子マネーに交換することが出来ます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/19691/92/resize/d19691-92-395404-0.png ]

ポケットチェンジの特徴は以下3点です。

・豊富な設置先
ポケットチェンジは空港や駅・スーパーマーケット・ゲームセンター・駅ビル等、全国の様々な場所に設置してあります。今回の設置先である松坂屋上野へは84台目の設置となります。

・かんたん操作!
ポケットチェンジはどなたでも簡単にお使いいただけるキオスク端末です。たった3ステップ、最短約1分で外貨から電子マネーへの交換が完了します。もう外貨の処理で待ち時間を気にする必要はありません。

[画像3: https://prtimes.jp/i/19691/92/resize/d19691-92-465227-1.jpg ]


・グローバル!
ポケットチェンジは日本円含め、全10通貨を取り扱っており、表示言語は日英中台韓の5言語に対応しています。交換先サービスはWeChatPayをはじめ20種類以上あり、世界中の方にご利用いただけます。今後も、タイ、ベトナム等訪日観光客が増えている国の電子マネーの交換先を拡大していく予定です。
対応通貨
<お札・コイン>
日本円、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン
<お札のみ>
台湾ドル、シンガポールドル、香港ドル、タイバーツ、ベトナムドン

交換先

[画像4: https://prtimes.jp/i/19691/92/resize/d19691-92-357703-2.png ]



■ 今回の新規の設置拠点について
・松坂屋上野店(東京都台東区) 本館1階 北口付近

JR御徒町駅より徒歩2分
東京メトロ銀座線 上野広小路駅 直結、日比谷線 仲御徒町駅より徒歩3分
都営大江戸線 上野御徒町駅より徒歩1分(銀座線 上野広小路駅へ連絡)
京成電鉄 京成上野駅より徒歩7分

■ 外貨交換サービス『Pocket Change(ポケットチェンジ)』の概要
・名称:Pocket Change(ポケットチェンジ)
・サービス形式:キオスク端末
・サービス開始日:2017年2月
・サービスURL: https://www.pocket-change.jp/ja/

資料請求やお問い合わせはこちら(10秒程度で完了します)
https://www.pocket-change.jp/ja/contact/


※「PASMO」は株式会社パスモ、「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社、「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社、「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社、「manaca」・「マナカ」は株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー、「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社、「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社、「nimoca」は西日本鉄道株式会社、「はやかけん」は福岡市交通局の登録商標です。
※「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。
※「楽天Edy」は楽天グループのプリペイド型電子マネーです。
※「nanaco」は株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。
※外貨から円貨への換算ならびに交換レートの設定はポケットチェンジ社の提供です。電子マネーやギフト券等の発行会社の提供によるものではありません。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング