エフセキュアのコーポレートセキュリティ戦略が高い水準であると独立系機関から評価

PR TIMES / 2013年1月10日 10時57分

独立系調査機関が主要なエンドポイントのセキュリティベンダーの中でエフセキュアの戦略に高い評価を与えました。エフセキュアのアンチマルウェアテクノロジーも言及されています。

ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳


エフセキュアは8社の競合ベンダーと比較して、エンタープライズ向けのエンドポイントのクライアントセキュリティベンダーの戦略部門で優れているとフォレスターリサーチ社に評価されました。同社によるレポート(The Forrester Wave(TM): Endpoint Security, Q1 2013)ではエフセキュアを「優秀者(Strong Performer)」と位置づけました。


高い評価はエフセキュアの製品ロードマップ、コストとライセンスモデル、そしてGo-to-Market戦略に基づいています。フォレスターリサーチ社はレポート中で、エフセキュアのサービスを中心とするプラットフォームやビジョンについて言及しています。レポートではエフセキュアのビジョンについて「製品よりもサービスの購入へと企業や組織が移行している今日のエンタープライズの大きなIT環境の変化に、方向性が合致している」と紹介しています。


エフセキュアの評価はアンチマルウェアの分野でも最高でした。ルートキット検出やディープガードはアンチマルウェアエンジンの部門でも認められました。これにはエフセキュア ラボの社内リサーチも言及されています。エフセキュアはパフォーマンスとアンチマルウェア検出の精度で最高の評価を受けています。またフォレスターによるお客様へのインタビューでの優れた評価も紹介されています。


フォレスターウェーブレポートは代表的なベンダー評価ツールです。エンドポイントセキュリティレポート(The Endpoint Security report)は、セキュリティのプロフェッショナルがエンドポイントセキュリティの問題を解決するために世界中で活用されています。


「この結果は、全世界の私達のパートナーやお客様のご意見とまさに合致するものと信じています。」とエフセキュアのコーポレートセキュリティビジネス担当副社長であるPekka Usvaは述べています。 「エフセキュアは非常に競争力の高いセキュリティプロダクトポートフォリオを有し、市場を正しく理解し、そして20年以上にわたりセキュリティビジネスに携わってきたベンダーとして最も信頼がおける企業です。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング