飲食店が店舗のクリーニングにかける清掃コストは、77%が6万円以内。飲食店.COM 店舗クリーニング比較調べ。

PR TIMES / 2014年12月4日 15時34分

店舗の清掃・クリーニングに特化した見積もり比較サイト「飲食店.COM 店舗クリーニング比較(運営:株式会社シンクロ・フード)」 (http://www.inshokuten.com/cleaning/) では、飲食店が清掃業者に清掃コストをどれくらいかけているのか調査をしました。



【主な調査結果とポイント】

飲食店舗の清掃にかけるコストは、60,000円以内が、全体の77%。
清掃業者に依頼することが多い飲食店の業態は、居酒屋・BARなど深夜営業の店舗が全体の43%と半数近くを占めました。

■店舗クリーニング比較の一括見積りを利用した見積り依頼数について
集計した見積り依頼の利用者数:3113件(2009年~2014年10月)

■店舗のクリーニング・清掃コストについて
店舗の清掃・クリーニング依頼の清掃価格帯は、10000円以上-30000円未満の依頼が最も多く(39%)、次いで30000円以上-60000円未満(38%)、60,000円以上-90,000円未満(9%)、90000円以上(14%)となり、60,000円以内での依頼が、全体の(77%)を占めました。清掃業者に依頼する全体の平均価格は、50,108円という結果となりました。
清掃のために、継続して従業員を雇用できるほどのランニングコストはかけられないが、60,000円位までなら、スポット清掃で専門の清掃業者に効率的に清掃依頼をしたいなどのニーズが多くありそうです。


■清掃依頼した業態の内訳について
最も依頼の多かった飲食店の内訳をみてみると、居酒屋(25%)、BAR・クラブ(18%)で、全体の43%と半数近くの割合を占めています。飲食店の中でも特に人材不足が深刻化している深夜帯営業の業態が、外部に清掃業務を依頼していることが推測できます。その他、油汚れが多い、中華・ラーメン店(10%)からの依頼も目立ちました。
年々、飲食店が専門の清掃業者に依頼するケースは増加傾向にあります。営業時間外の清掃業務は、従業員の長時間労働につながりやすいですが、清掃業者に依頼することで、少しでも従業員の業務負荷の低減を図り、人材の流出を防げるよう職場環境の改善に取り組んでいる店舗が多くなってきていると推測できます。


■飲食店.COM 店舗クリーニング比較について
「飲食店.COM 店舗クリーニング比較」(http://www.inshokuten.com/cleaning/)では、複数の店舗専門のクリーニング業者に、無料で一括して見積り依頼と比較をすることが可能です。
今後も、飲食店などの店舗運営における清掃・クリーニングの様々なニーズにお応えできるよう、きめ細かなサービスを提供していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング