BSIジャパン、世界的なサステナビリティ団体であるレインフォレスト・アライアンスと業務提携

PR TIMES / 2012年4月5日 18時35分

- 森林認証制度(FSC)認証サービスを開始 -
---------------------------------------------------------------
 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャ
パン)は、この度、世界的なサステナビリティ団体であるレインフォレスト・アライアン
ス(アメリカニューヨーク 会長 Daniel R. Katz)とFSC(Forest Stewardship
Council:森林管理協議会)認証制度の認証業務について、業務提携を締結致しまし
た。

 レインフォレスト・アライアンスは、25年に亘り、農業、林業、観光業、そして最近
では気候変動の部門において持続可能性の基準を開発、促進してきました。
FSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)の創立メンバーとして、レイ
ンフォレスト・アライアンスは無差別な森林の消費や非合法な伐採を防ぎ、責任をもって
森林を維持・利用すること、責任ある森林管理のための基準の提唱を行ってきました。
 BSIグループジャパンは、「第三者認証サービス」という仕事を通した社会貢献を、
より広げるために、森林保護への実績が高いレインフォレスト・アライアンスとの業務
提携によるFSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)認証のサービスを
開始致します。今回、開始する認証は、FSC認証の中でも、加工・流通過程を管理するた
めのCoC(Chain of Custody:加工流通過程の管理)認証です。


≪FSC認証の背景≫
 2000年から2005年における世界の天然林の消失面積は年間約1,300万ヘクタール
(日本の国土の約3分の1)と言われています(※1)。森林が失われることにより、森林
に生息する多くの野生生物が減るだけでなく、そこにさまざまな形で関わり、生活する
多くの人からも生活の糧を奪い、地球環境へも多大な影響を与えます。
 森林の消失や劣化の問題の原因としては、人の農耕や生活も含む居住による伐採、森林
の不適切な管理・取引、他の産業からの影響(鉱山開発を含む)、大気汚染等が直接的な
ものとしてあげられます。しかし、実際はその背景にある人口増加、貧困、大量消費、
土地保有制度などさまざまな根源的な原因が複雑に絡み合っています。
 商業伐採は、質の良い大きな材を求めるために、生物の多様性に富む森林が対象とな
り、大きな脅威となっています。森林破壊の問題を解決するためには、保護区を作ること
のみならず、森林の質を維持・向上させながら資源供給のための、「適切な森林管理」が
必要不可欠です。FSC認証は、責任ある森林業務の確保と承認のために始められた制度で
す。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング