新発売 クラウド型会計サービス「マネーフォワード確定申告/法人会計」

PR TIMES / 2014年7月2日 11時21分



 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル6F 代表取締役社長:松田 憲幸)は、2014年7月2日(水)より2種類のクラウド型の税金・会計ソフトを弊社サイトで販売します。1つは、「マネーフォワード 確定申告(青色申告・白色申告)」(税別8,149円)、もう1つは小規模法人向けの「マネーフォワード法人会計」(税別18,334円)です。また9月5日(金)には、パッケージ版の提供も開始します。
 これらの製品はいずれも株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区三田3-12-17 芝第三アメレックスビル8F 代表取締役社長:辻庸介)のクラウド型サービスである「MFクラウド確定申告」および「MFクラウド会計」1年分の利用権に使い方マニュアルを付与して販売するものです。

< 製品の特長 >
・データ入力が自動
1,400以上の金融機関の入出金データを自動取得
・仕訳処理が自動
入出金データの文言を元に自動で仕訳
・確定申告書類/決算書を自動作成


【 製品の特長 】
■3つの“自動”で会計を劇的に変えるクラウド型サービス
1.データ入力が自動
 1,400以上の金融機関における入出金データを自動で取得することにより、自分で手入力する手間を大幅に省くことができます。

2.仕訳処理が自動
 取得した入出金データは、その文言を元に半自動で仕訳を行ないます。あとは内容を確認して登録ボタンを押すだけ。1件ずつ登録することも、一括登録することも可能です。仕訳学習機能が一度登録した仕訳を覚え仕訳の精度をさらに向上させるので、どんどんお客さまの手間を減らします。

3.決算書が自動
 仕訳されたデータから、確定申告に必要な「確定申告書B」、「青色申告決算書」を自動作成でき、自分で記入せずとも、そのまま提出できます(e-Taxにも対応)。今まで手作業で集計していた作業が自動化され、キャッシュフローレポートなど、事業に役立つレポートを簡単に確認できます。

■銀行・クレジットカード・電子マネー等、1,400以上※の金融機関とデータ連携
<銀行> 1,350行以上
三菱東京UFJ銀行/三井住友銀行/みずほ銀行/ゆうちょ銀行/楽天銀行/ソニー銀行 など
<カード> 50社以上
三井住友VISAカード/JCBカード/DCカード/UCカード/ビューカード/セゾンカード/楽天カード など
<電子マネー> 5社以上
モバイルSuica/nanaco/WAON など
<その他 通販など> 10社以上
Amazon.cp.jp/楽天市場/EC Orange POS/クラウドワークス など
※連携行数・連携社数は発売日時点の数値です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング