国際NGOプラン・インターナショナル フォトジャーナリスト 安田菜津紀氏による写真展&トークイベントを開催 

PR TIMES / 2019年9月4日 0時40分

国際ガールズ・デー2019 「THINK FOR GIRLS  遠い国の女の子の未来のために」

国際NGOプラン・インターナショナル(所在地:東京都世田谷区 理事長:池上清子 以下、プラン)は、国連が制定した国際デーの一つである、国際ガールズ・デー(10月11日)の活動の一環として、10月1日から16日までの間、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんによる写真展を開催します。
また、初日である1日には、ご本人によるトークイベントを開催します。




写真展&トークイベント 「フォトジャーナリスト 安田菜津紀が出会ったグアテマラの女の子たち」

【写真展】
開催日時: 10月1日(火)~10月16日(水)  12:00~19:00
※土日祝日は定休日
開催場所: YELLOWKORNER SHOWROOM
(東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F ICS) http://www.yellowkorner.jp/

【トークイベント】
「フォトジャーナリスト 安田菜津紀が出会ったグアテマラの女の子たち」
開催日時: 10月1日(火)19:00~20:15 (受付開始 18:30)
開催場所: YELLOWKORNER SHOWROOM
お申し込みURL: https://www.plan-international.jp/form/eventform_plan/
(定員70名、定員になり次第締め切ります)
※いずれも入場は無料
[画像1: https://prtimes.jp/i/12939/117/resize/d12939-117-686460-0.jpg ]

安田 菜津紀プロフィール
1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12939/117/resize/d12939-117-746810-1.jpg ]




*トークイベント、写真展の取材をぜひ前向きにご検討ください。

「THINK FOR GIRLS 遠い国の女の子の未来のために」
国際ガールズ・デーに関連し、プラン・インターナショナルが実施する一連の取り組みが同じフレームワークの中での企画であることをご理解いただくために、共通のアイコンを作成しました。
この機会に、日本の多くの方々に、遠い国の女の子に思いを馳せ、女の子たちが置かれている状況、直面している課題について「知って」「関心を持って」「行動を起こす」後押しをしたいと考えます。

10月には、このアイコンができるだけ多くの方たちの目に触れ、広く拡散される場づくりを行います。
[画像3: https://prtimes.jp/i/12939/117/resize/d12939-117-594168-2.png ]

今年のテーマは、グアテマラ
グアテマラは、人口1600万人、国民の60%が貧困層です。麻薬組織ともつながっている「マラス」と呼ばれるギャング集団の横行による治安の悪化、貧困が大きな問題となっています。昨年末には、中米から米国を目指す移民集団(キャラバン)の姿が世界中に報道され、親とともに移動するグアテマラ出身の幼い子どもが米国国境で命を落とした悲しいニュースに多くの人々が胸を痛めました。

プラン・インターナショナルは、1978年より、グアテマラの先住民族が暮らす地域で活動しています。長きにわたる内戦によって、著しい人権侵害に遭い、内戦が終わった今も貧しい生活を余儀なくされているグアテマラの女の子や女性たちの様子を、彼女たちが直面している課題、それに対するプラン・インターナショナルの取り組みとともに、さまざまな企画を通して紹介します。
[画像4: https://prtimes.jp/i/12939/117/resize/d12939-117-931568-3.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/12939/117/resize/d12939-117-490807-4.jpg ]

「国際ガールズ・デー」(10月11日)とは
「国際ガールズ・デー」は、「性別」と「年齢」という二重の差別を受ける途上国の女の子たちの特有な問題に焦点をあて、その解決にむけて世界各国が取り組むよう、啓発し訴える日です。プラン・インターナショナルの働きかけを受けて、国連によって定められました。

日本においてもプランは、毎年アクションを盛り上げることで、この日を広く知ってもらう活動を牽引してきました。女の子たちが本来もてる力を発揮できる世界は、すべての子どもたちの貧困をなくす近道です。今年の活動にあなたもぜひご参加ください。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/12939/table/117_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング