六甲高山植物園 園内の紅葉が見頃になりました!

PR TIMES / 2013年11月5日 17時17分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)の子会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では紅葉が見頃になりました。紅葉は山から降りてくるといい、標高の高い六甲山では京都などの街よりも早く色づきます。



【備考】六甲山の最高峰は標高約931m、六甲高山植物園は標高約865m

六甲高山植物園→ http://www.rokkosan.com/hana/

10月23日は二十四節気の「霜降」といい、秋が深まり紅葉が山を彩り始めると言われますが、今年は例年に比べ暑い日が続いたため、当園での紅葉は現在見頃を迎え、11月中旬まで見頃が続く見込みです。
また、今年は夏の猛暑と台風の影響により、モミジの葉は例年に比べ全体的には少なくなりますが、ブナやドウダンツツジ、カラマツ、シロヤシオ、シロモジなど、様々な種類の紅葉がとてもきれいです。


六甲高山植物園内の紅葉木 約250本
・紅葉 ドウダンツツジ、アカヤシオなどのツツジ類、オオモミジ、ウリハダカエデなどのカエデ類
・黄葉 ブナ、カラマツ、コアジサイ、シロモジ、イヌブナ


■秋の花 「リンドウ」の開花情報
秋の野山を彩るのに欠かせない存在の「リンドウ」は日当たりのよい草原や丘陵地に生える多年草です。筒状の花は鮮やかな青紫色でその透き通るような美しさに、思わず吸い込まれてしまいそうです。また、薬草としても良く知られており、根茎や根は乾燥させ古来より中国、日本で苦味健胃薬に使われていました。
当園の「リンドウ」の開花は11月上旬までの見込み。


◆リリースに関するお問い合わせ先
六甲高山植物園
TEL:078-891-1247 / FAX:078-891-0137
〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

◆営業概要
【入 園 料】大人(中学生~)600円 / 小人(4歳~小学生)300円
【開園時間】10時~17時(16時30分受付終了)
※11月24日(日)をもって、今シーズンの営業を終了します

六甲高山植物園→ http://www.rokkosan.com/hana/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング