1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ミャンマー・ユニティ最高顧問の北中彰が「外国人活躍支援サミット2021」11/5(金)に登壇決定。東京浜松町にリアル来場もオンライン同時視聴も可能。外国人入国規制解除を見据え合計10,000人集客予定

PR TIMES / 2021年9月14日 15時15分

外国人活躍支援サミット2021~次世代日本人とつくるコロナ後の共生社会~【主催:一般社団法人外国人雇用協議会】

ミャンマーNo.1人材送り出し機関「ミャンマー・ユニティ」は、11/5(金),11/6(土)にリアル&オンラインでハイブリッド開催される「外国人活躍支援サミット2021~次世代日本人とつくるコロナ後の共生社会~」のセミナーに最高顧問の北中が「なぜ今ミャンマーなのか~クーデター発生により通貨暴落、失業者増大、出稼ぎ希望者急増~」というテーマで登壇することが決定いたしました。
このイベントは一般社団法人外国人雇用協議会が主催するものです。ミャンマー・ユニティ最高顧問の北中は当協議会の理事であり、「外国人活躍支援サミット2021」の実行委員長も務めております。
「外国人活躍支援サミット2021」では、外国人を採用したい一般企業向けに提案したいサービスを持つ企業がブース展示およびセミナーを開催します。同時に著名人・外国人活躍に関わるキーパーソン・スペシャリスト・有識者が登壇する基調講演とパネルディスカッションを開催します。また夕刻には最大参加人数440名の大交流会を開催します。
ぜひご来場またはオンライン視聴をお待ちしております。



[画像1: https://prtimes.jp/i/58558/121/resize/d58558-121-0b5ca8f865ca23e653ff-0.png ]


 「外国人活躍支援サミット2021~次世代日本人とつくるコロナ後の共生社会~」では、外国人を採用したい一般企業向けに提案したいサービスを持つ企業がブース展示およびセミナーを開催します。同時に著名人・外国人活躍に関わるキーパーソン・スペシャリスト・有識者が登壇する基調講演とパネルディスカッションを開催します。また夕刻には最大参加人数440名の大交流会を開催します。

 また同じ会場で「第1回インターナショナルジョブフェア東京2021」では、日本在留外国人を採用したい一般企業や人材会社が、日本在留外国人を選抜し、ジョブマッチングするためのブース展示・セミナー・就職説明会を開催します。また企業向けサポートサービスコーナーと大学・学校紹介コーナーも併設します。

 また「第2回 EXPAT EXPO TOKYO 2021」も同時開催され、会場来場者5,000人、オンライン参加者5,000人の合計10,000人の参加を見込んでおります。

 日本の言語・文化・ビジネス習慣に通じた質の高い外国人が、 日本のビジネス社会で最大限に活躍できる環境を整えることを目的として設立された「一般社団法人外国人雇用協議会」は、新型コロナワクチンが普及し総選挙が終わる2021年11月には、コロナ水際対策も解除され再び外国人の入国が再開されると予想しています。

 長く続いた新型コロナ対策により、多くの業界は壊滅的打撃を被りました。特に外国人材を招くことを主業とする人材業界や外国人サポート業界、教育業界はまさに青息吐息の状況です。リアルな人的交流やジョブマッチング、ビジネスマッチングも長く途絶えており、あらゆる業界がアフターコロナを待ち望んでいます。

 そのような中で外国人雇用協議会は、アフターコロナが始まる2021年11月を一大転換期と考え、「外国人活躍支援サミット2021~次世代日本人とつくるコロナ後の共生社会~」「第1回インターナショナルジョブフェア東京2021」というリアルな大交流イベントを開催いたします。

 今回「外国人活躍支援サミット2021」のセミナー会場で、ミャンマー・ユニティ最高顧問の北中彰が「なぜ今ミャンマーなのか~クーデター発生により通貨暴落、失業者増大、出稼ぎ希望者急増~」というテーマで登壇することが決定いたしましたのでお知らせします。

オンライン視聴のお申し込みはこちら  http://bit.ly/3l7XF5y
会場リアル聴講のお申し込みはこちら  http://bit.ly/2X2qAzU
 


ミャンマー・ユニティ 最高顧問 北中彰 講演内容


「人材送り出し国として、ミャンマーが注目される理由」~なぜ今ミャンマーなのか~

 アジアの経済発展が著しい今、自国で働いても十分な収入が得られるようになると、途端に日本に行きたいと思う人が減ってしまいます。特に、発展スピードが速いベトナムでは、技能実習生候補者が十分に集まらなくてお困りの方も多いと聞きます。特に介護・建設などの不人気職種では、まともに面接ができないという声も聞きます。
 今後国際的な人材獲得競争の激化が予想される中、発展著しいベトナムに代わる送り出し国として期待が集まるミャンマーについて、当講演ではかなり踏み込んだ内容を詳しくお話したいと思います。

講演アジェンダ
 1.なぜミャンマーなのか?
 2.ミャンマー・ユニティの技能実習送り出し実績
 3.ミャンマー・ユニティが選ばれる理由
 4.技能実習生送り出し国の順位
 5.人材送り出し国として、ミャンマーが注目される理由
 6.ミャンマー人の国民性
 7.ミャンマー人の教育レベル
 8.ミャンマー人の長所と短所
 9.ミャンマー人受け入れの際の注意点
 10.ミャンマー人は失踪が多いのか
 11.クーデター後のミャンマーの現状
  ・失業者増大、貧困増大、通貨安、物価高
 12.今後ミャンマー人材が有望
  ・失業者増大、貧困増大により出稼ぎ需要増大、よい人材が集まる
 13.質疑応答

オンライン視聴のお申し込みはこちら  http://bit.ly/3l7XF5y
会場リアル聴講のお申し込みはこちら  http://bit.ly/2X2qAzU

■登壇者
ミャンマー・ユニティ 最高顧問
北中 彰
1960年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学卒業後、コンピューターサービス株式会社(現SCSK株式会社)に入社。のち1990年12月に株式会社オフィックス(現株式会社スリーイーホールディングス)を創業し、代表取締役就任。トナーカートリッジにおける環境問題に着目し、リサイクルトナー事業のパイオニアとなる。
2012年よりミャンマーに進出。のち2013年5月ミャンマーに「ミャンマー・ユニティ」を設立し、最高顧問に就任。2019年12月にミャンマー国内での総送り出し人数No.1となり労働大臣より表彰を受ける。現在までに累計1381名の技能実習生を日本へ送り出している。現在では、ラスト・フロンティアと呼ばれるミャンマーで有数の日本企業最高顧問として、日本の少子高齢化による人材不足問題に着目し、全国で技能実習や特定技能など外国人雇用に関する講演会および情報発信を精力的に行っている。
そのほか、3E Global Co.,Ltd Chairman、3E Yangon Co.,Ltd Chairman、株式会社サップ代表取締役、オフィネット・ドットコム株式会社代表取締役。
日本の言語・文化・ビジネス習慣に通じた質の高い外国人が、 日本のビジネス社会で最大限に活躍できる環境を整えることを目的として設立された一般社団法人外国人雇用協議会 理事
「外国人活躍支援サミット2021」実行委員長

ミャンマー・ユニティについて
[画像2: https://prtimes.jp/i/58558/121/resize/d58558-119-75feaf363884dea9ab9f-4.png ]


会社名:ミャンマー・ユニティ(Myanmar Unity Co.,Ltd)
所在地:Unity Tower, YS 3, Kandawgyi Yeik Mon, No.137, Upper Pansoedan Road, Mingalar Taungnyunt Township, Yangon, Myanmar
代表者:代表取締役 チョー・ミン・トン
ライセンス:ミャンマー国政府公認送出ライセンス License No.54/2016
設立:2013年5月
資本金:5,500,000円

【日本駐在営業部】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-2-11渡東ビルディングアネックス303
MAIL:info@m-unity.com
TEL:03-5809-2216
FAX:050-5577-5664

会社HP:
https://www.myanmarunity.jp/

ミャンマー・ユニティは、今まで1381名(うち介護185名)の優秀な人材を日本企業へ送り出しており、ミャンマー政府より、2019年のミャンマーNo.1人材送り出し機関として表彰されました。ミャンマー・ユニティ運営の「UJLAC日本語学校」および「UKWTC介護学校」では、「1人ひとりを大切に」という教育ポリシーのもと、日本で働くために必要な“生きた日本語教育・日本の介護現場に通用する介護技術の習得”に力を入れた独自のカリキュラムを実施しています。これまで日本へ送り出した技能実習生の職種は、介護、建設、溶接、食品加工、金属加工など多岐にわたり、ミャンマー国民がひとつでも多くのことを学べる社会づくり、もっと多くのことを学びたいと思える環境づくりを創造していけるよう活動しています。



外国人活躍支援サミット2021について


[画像3: https://prtimes.jp/i/58558/121/resize/d58558-121-3ae19b1c00e57195ab09-1.png ]

◆主催  :一般社団法人外国人雇用協議会
◆協賛  :関係省庁などを予定
◆会期  :11月5日(金)10:00~19:00、6日(土)10:00~16:00
◆会場  :東京都立産業貿易センター浜松町館(JR山手線 浜松町駅(北口)から約350m 徒歩5分)
◆入場料 :無料(事前登録、当日登録可)
◆開催内容
・講演・パネルディスカッション<11月5日(金)10:00~17:00>
 (会場ででリアル聴講とオンライン視聴を同時に開催)
  オンライン視聴のお申し込みはこちら http://bit.ly/3jZtSNi
  会場リアル聴講のお申し込みはこちら  http://bit.ly/2X2qAzU


[画像4: https://prtimes.jp/i/58558/121/resize/d58558-121-64edabb53469723aa577-6.png ]

・セミナー<11月5日(金)11:00~17:00>
 (会場ででリアル聴講とオンライン視聴を同時に開催)
  オンライン視聴のお申し込みはこちら  http://bit.ly/3l7XF5y
  会場リアル聴講のお申し込みはこちら  http://bit.ly/2X2qAzU
[画像5: https://prtimes.jp/i/58558/121/resize/d58558-121-1ed6061824238a10bbe7-4.png ]

・ブース展示【有料にて募集中】 <11月5日(金)10:00~17:00、6日(土)10:00~16:00>
  外国人を採用したい一般企業向けに提案したいサービスを持つ企業のブース展示(リアル展示のみ)
  ※ブース展示は「インターナショナルジョブフェア東京」の「企業サポートサービスコーナー」になります。
・大交流会 【有料にて参加者募集開始】<11月5日(金)17:15~19:00>
  参加お申し込みはこちら  http://bit.ly/3k8hB9v
  併設会場で、最大参加人数440名のリアル大交流会を開催
  参加費1名5,000円(展示社、セミナー登壇者に無料招待ワクも設定)
  外国人材専門企業・教育機関・生活支援企業・専門家等と、外国人採用を考える企業との
  ビジネスマッチングのための大交流会です(リアル開催のみ)
[画像6: https://prtimes.jp/i/58558/121/resize/d58558-121-00440c58d33f4ca25e71-5.png ]

◆メディアパートナー:(株)ジャパンタイムズ
◆来場者 :外国人を採用したい一般企業
◆公式HP : https://jaefn.or.jp/summit_top/



第1回インターナショナルジョブフェア東京2021について


◆主催  :インターナショナルジョブフェア実行委員会
◆共催  :一般社団法人外国人雇用協議会
◆協力  :公益社団法人 東京都専修学校各種学校協会
      一般社団法人 外国人留学生高等教育協会
      一般社団法人 国際人流振興協会
      一般社団法人 全国専門学校教育研究会
      一般社団法人 外国人材活躍推進協議会
◆会期  :11月5日(金)10:00~17:00、6日(土)10:00~16:00
◆会場  :同上
◆開催内容:
・就職説明会 (外国人採用企業・人材会社・支援会社・教育機関が外国人求職者に向けて)
・セミナー  (外国人採用企業・人材会社・支援会社・教育機関が外国人求職者・外国人採用予定企業に向けて)
◆ブース出展社
・外国人採用企業・人材会社がブースで外国人求職者を募集/面接
・特設 企業向けサポートサービスコーナー
・特設 大学・学校紹介コーナー
◆来場者 :一般企業、日本在住外国人(留学生、技能実習生、特定技能外国人、技術・人文知識・国際業務外国人、その他就労できる外国人)
◆公式HP  https://inter-jobfair.jp/



併催【第2回 EXPAT EXPO TOKYO 2021」について


◆主催  :EXPAT EXPO TOKYO 実行委員会
◆後援  :外務省・港区・日本政府観光局(JNTO)・(一社)日本旅行業協会・
      在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所
      在日ベルギー・ルクセンブルグ商工会議所
      在日英国商業会議所・在日フランス商工会議所
      在日ドイツ商工会議所・在日ポーランド商工会議所
◆特別協力:プラザホームズ(株)・(株)グローバルトラストネットワークス・(株)YOLO JAPAN
◆メディアパートナー:(株)ジャパンタイムズ・ENGAWA(株)・カスタムメディア(株)
           ジャパンパートナーシップホールディングス(株)・(株)ジープラスメディア
           (株)グローバルメディア・(株)マイス・(株)ビジネスワールド社
◆会期  :2021年11月5日(金)10:00~17:00、6日(土)10:00~16:00
◆会場  :同上
◆ブース出展社:生活支援企業、教育機関、メイドインジャパン製品取扱企業、
        物産品・伝統工芸品取扱企業、自治体・観光事業者など
◆併催イベント:セミナー、自治体プレゼンテーション、
        日本文化体験企画・ワークショップ、パフォーマンスなど
◆来場者 :日本在住外国人、外国人採用企業
◆公式HP : https://expat-expo.jp/



一般社団法人外国人雇用協議会とは


◆設立趣旨
我が国の就労人口に占める外国人の比率は、主要国と比して低く、しかも、その多くは、技能実習生、留学生(アルバイト) が占めています。 我が国の外国人受入れ政策は、建前は、専門的・技術的な外国人を受け入れ、単純労働者は受け入れないとされるが、実態はむしろ逆転ともいえる状態が生じています。 日本経済が今後、世界各国との競争の中で成長を続けていくためには、こうした現状から脱却し、より多くの質の高い外国人材が活躍していくことが欠かせません。
そのため、
1.政府の政策・制度の改善を実現していくとともに
2.企業側での受入れ環境の整備
3.日本のビジネス社会で適応できる人材育成
といった課題にも対応していく必要があります。
一般社団法人外国人雇用協議会の活動を通じて、日本の言語・文化・ビジネス習慣に通じた質の高い外国人が、日本のビジネス社会で最大限に活躍できる環境を整えるため、2016年4月に設立しました。

[画像7: https://prtimes.jp/i/58558/121/resize/d58558-121-5c7dc3fe18c7bc414c02-2.png ]

◆概要
代表理事 原 英史
初代会長 堺屋 太一(故)
設立   2016年4月28日
会員   外国人の活躍を支援する人材会社、教育機関、生活支援企業、一般企業など78社
https://jaefn.or.jp/

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
ミャンマー・ユニティ 日本駐在営業部
info@m-unity.com
TEL : 03-5809-2216

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング